広瀬アリスの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

人気女優として話題作のテレビドラマや映画に出演している広瀬アリスさんの学歴や出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します

 

広瀬アリス(ひろせ ありす)

 

 

19941211日生

身長165

血液型はAB型

 

静岡県出身の女優、ファッションモデル

本名は大石麻由子(まゆこ)、旧芸名は広瀬晶(あき)

 

以下では広瀬アリスさんの学歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:進学せず

 

広瀬アリスさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校時代には話題作の連続ドラマにレギュラー出演するなど、既に人気の若手女優のひとりに数えられていたので、進学はしなかったようです。

 

また後述するような家庭の事情も影響したかもしれません。

 

とは言え以降の活躍も目覚ましく、高校卒業以降は数多くの人気ドラマや映画に起用されてます。

 

「35歳の高校生」(18歳)

 

(主演は米倉涼子)

 

「ルーズヴェルト・ゲーム」(19歳)

 

(主演は唐沢寿明)

 

「僕らはみんな死んでいる」(19歳・ヒロイン役)

 

(左は主演の白濱亜嵐)

 

「玉川区役所 OF THE DEAD」(19歳・ヒロイン)

 

(右は主演の林遣都)

 

「妄想彼女」(20歳・主演)

 

(右はW主演の浅利陽介)

 

「釣りバカ日誌」(20歳)

 

(主演は濱田岳)

 

このほかにも映画にも出演していますから、広瀬さんの10代の後半から20代にかけてはかなり作品に出演していることがわかります。

 

なお広瀬さんは14歳の頃からファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルを務めてきましたが、20歳の時に女優活動に専念するために卒業しています。

 

そして大きな転機になったのが、22歳で出演したNHKの朝ドラ「わろてんか」です。

 

(左は松坂桃李、右はヒロインの葵わかな)

 

「わろてんか」では、広瀬さんのコミカルな演技が各方面で評価され、女優として大きな成長を見せました。

 

この作品への出演で広瀬さんも「女優としての幅が広がった」とインタビューで話しています。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:通信制の高校 偏差値なし

 

広瀬アリスさんの出身校は、通信制の高校の可能性が非常に高いです(校名等は不明)

 

高校時代の情報がまったくなく、さらには同級生などの情報発信、一般人による目撃情報など含めて皆無です。

 

インターネット上ではサポート校のKTC中央高等学院の具体名も挙がっていますが、確証はありませんでした。

 

妹の広瀬すずさんも通信制のあずさ第一高校に通学していたことが判明しているので、そちらの可能性もあります。

 

なお広瀬さんの母校が日出高校や堀越高校の芸能コースである可能性は低いと思われます。

 

というのもこれらの高校では体育祭などの学校行事は一般生徒と交じっておこなうことから目撃情報が多く、また芸能コースの同級生である俳優・女優やタレントのインタビューなどからも判明するケースが非常に多いからです。

 

そのためそのような情報が皆無である広瀬さんが、日出高校や堀越高校に在籍した可能性はかなり低いと思われます。

 

加えて広瀬さんは高校時代は仕事が多忙で学校の行事にあまり参加できなかったことをインタビューで話していますので、高校に通学していたことは間違いありません。

 

また高校を卒業直後に出演したテレビドラマ「35歳の高校生」のインタビューで、この春に高校を卒業したことを認めていますので、高校を卒業したことも間違いないでしょう。

 

広瀬さんは中学3年生の時にミス・セブンティーンでグランプリを受賞してモデル活動を開始しますが、高校1年生の時には「全国高校サッカー選手権」の応援マネージャーに起用されています。

 

 

この応援マネージャーは若手女優・タレントの登竜門になっており、堀北真希さんや新垣結衣さん、川口春奈さんや永野芽郁さんらもマネージャーを務めています。

 

さらに広瀬さんが応援マネージャーを務めた4年後には、妹の広瀬すずさんもマネージャーに起用されており、姉妹でこの大役を果たしています。

 

 

また広瀬さんは高校1年生の頃からは女優としても本格的に活動を開始します。

 

高校1年生の時には東海テレビの昼ドラの「明日の光をつかめ」でいきなりヒロインとして起用されています(当時のフジテレビ系の昼ドラ最年少記録)。

 

(真ん中は渡辺いっけい、右は榊原徹士)

 

また高校2年生の時には「新・あなたの知らない世界」でテレビドラマ初主演もしており、高校時代には期待の若手女優として名前が挙がるほど注目されています。

 

 

また高校3年間を通じてファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルを務めていますが、同時期には桐谷美玲さんや剛力彩芽さん、武井咲さん、波瑠さんなども専属モデルとして在籍した豪華な世代です。

 

 

さらに高校3年生の時に妹の広瀬すずさんも「ミスセブンティーン」のグランプリに輝いて専属モデルとなったことから、ともに表紙を飾ったこともありました。

 

 

このように広瀬さんは高校時代もかなりの仕事をこなしており、インタビューでも高校の行事にほとんど参加できなかったことや「高校生としては後悔があります」と語るなど、仕事中心の高校生活でした。

 

さらには私生活でも高校1年生の時に看板屋をやっていた父親が脳卒中で倒れてしまい、経営していた工場も閉鎖。

 

借金をして生活するほど経済的に追い込まれて、家や土地も手放すという不幸に見舞われています。

 

華やかな芸能活動の裏側でかなりの苦労もしています。

 

なお余談ですがアサヒ芸能が、広瀬さんは高校時代にヤンキーだったと報じています。

 

「よく言われているのが、『高校時代、気の弱い男子にパンを買いに行かせていた』『女番長として舎弟を抱えていた』という話ですね。とにかく彼女は女王気質。東京での芸能活動が多くなってからも、静岡には『広瀬アリス親衛隊』と呼ばれるゴツい男が何人かいて、地元で買い物をしている間、ナンパされないようボディーガードの役割を果たしていたのも有名です」(地元男性)

 

記事では広瀬さんの地元の知人の証言をもとに「ヤンキーだった」としているのですが、何より「アサ芸」ですから話半分といったところでしょうか。

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:静岡市立清水第六中学校

 

 

広瀬アリスさんの出身中学校は、地元静岡市の公立校の清水第六中学校です。

 

後述するように広瀬さんは小学校6年生の時に芸能界入りしているので、中学時代も芸能活動をおこなっています。

 

当時は広瀬晶(あき)名義で、広告のモデルとしての活動が中心でした。

 

中学2年生の時にケータイドラマの「恋愛約束」に主演して女優デビューをしています。

 

 

そして大きな転機となったのが、中学3年生の時に「ミス・セブンティーン」のグランプリに選ばれたことです。

 

 

橋本愛さんらとともにファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルに起用されることになりますが、これによって名前も全国区となっています。

 

ただし専属モデルになる際には、「私は女の子っぽくないし、自分が思い描く「モデル像」とかけ離れて、コンプレックスまみれだった」と話しており、かなりの不安があったようです。

 

またこれを機に「代々木ゼミナール」や「タカラトミー」などのCMにも出演しています。

 

 

なお前出のアサヒ芸能は広瀬さんは中学時代もヤンキーだったとして、次のように報じています。

 

「中学生以降はすでに雑誌モデルとして活躍していたにもかかわらず、地元のヤンキーグループと仲がよかったので、周囲は彼女自体を“ヤンキー”として認知していた。キャラも今とは違って、木下優樹菜みたいな姉御肌タイプでした」(地元男性)

 

この件に関しても地元の男性のコメントを元に「ヤンキー」としていますが、とは言えやはり「アサ芸」なので話半分でしょう。

 

なおアサヒ芸能は中学時代の広瀬さんは、バスケットボール部の先輩と交際していたことも報じています。

 

ただし広瀬さん自身も中学校での学生生活や中学時代の私的なエピソードなどをほとんど話していません。

 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:静岡市立清水高部小学校

 

 

広瀬アリスさんの出身小学校は、地元静岡市の公立校・清水高部小学校です。

 

3人きょうだいの真ん中で1歳年上の兄と4歳年下の妹(広瀬すず)がいます。

 

 

父親は看板屋を営んでいたと言われています。

 

また日本人離れした顔立ちでハーフに間違えられることもある広瀬さんですが、両親はともに日本人です。

 

加えて出身の静岡市は政令指定都市とされるほどの大都市ですが、実家は郊外にあって、10分ほど歩くと山があるほど自然環境が豊かな地域で育っています。

 

小学生時代は意外にも、些細なことから妹のすずさんとよくけんかしたと語っています(ただし現在は3きょうだいとも非常に仲がいい)。

 

 

小学生時代から男勝りな性格で、外で動き回るのが大好きだったそうで、夏になると麦わら帽子をかぶって「カブトムシを捕りに行こうぜ」と虫捕りによく行ったエピソードをインタビューで話しています。

 

小学校3年生の時に友人が持っていたエナメルバッグに憧れてバスケットボールをはじめています。

 

芸能活動をしなかったら「プロのバスケットボール選手になりたかった」と語るほど、バスケに熱中していました。

 

ちなみに妹の広瀬すずさんも中学校までバスケットボールに熱中して、東海大会まで出場したほどの腕前でしたが、バスケをはじめたきっかけはアリスさんが小学校低学年だったすずさんを人数合わせのために、ゴール下に立たせたことでした。

 

小学校6年生の時に地元のお祭りでスカウトされていますが、当時の広瀬さんは髪型も短髪で毎日プールに通って顔も日焼けで真っ黒だったことから、男の子と間違えられてスカウトされています。

 

また最初はバスケットボールを溺愛していたので芸能界入りは断っていましたが、このあたりのエピソードについてはインタビューで次のように話しています。

 

「よくよく考えると、芸能界ってなかなか関われる世界でもないし、もしやってみてつまらないなって思えばすぐ辞めればいいかなと思って“……じゃあ”みたいな感じで始めました(笑)。」

 

また後にファッションモデルとして活躍する広瀬さんですが、芸能界に入るまではジャージが「私服」で、はじめて東京の事務所に行った際もジャージで行こうとして母親に怒られるなど、当時はファッションに関してはかなり無頓着だったようです。

 

以上が広瀬アリスさんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

既に人気女優ですが、NHKの朝ドラで女優としての評価が急上昇しました。

 

現在も数多くの人気のテレビドラマや話題作の映画に起用されるなど、今後も出演作は増えていきそうです。

 

さらに演技力を磨けば女優として大成する可能性も秘めています。

 

また公式インスタグラムのフォロワーが3万人を超えるなど、多くのファンから高い支持を受けています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ