倍賞千恵子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)

 

 

1941629日生

身長159

 

東京都出身の女優、歌手

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人姉妹の真ん中で、妹は女優の倍賞美津子。

 

当初は松竹歌劇団(SKD)で活動するも、1961年に松竹映画にスカウトされてSKDを退団。

 

 

1963年の映画「下町の太陽」に主演。

 

同年に1stシングル「下町の太陽」で歌手デビューし、日本レコード大賞新人賞を受賞して、NHK紅白歌合戦にも出場。

 

 

1965年の「虹のデイト」でテレビドラマ初出演。

 

1969年から出演した映画「男はつらいよシリーズ」で人気を不動のものとする。

 

 

以降も数多くの作品に出演して、映画の代表作は「幸福の黄色いハンカチ」や「遥かなる山の呼び声」、「駅」など。

 

 

既婚者で夫は作曲家の小六禮次郎。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:松竹音楽舞踏学校 偏差値なし

 

倍賞千恵子さんの出身校は、松竹音楽舞踏学校です。

 

同校は「学校」という名前がついていますが、松竹歌劇団(SKD)の劇団員養成所で高校ではありません(1994年に廃校)。

 

そのため倍賞さんは学歴上は「中卒」ということになります。

 

北区立滝野川第六小学校から北区立紅葉中学校を経て、同校に入学しています。

 

 

倍賞さんは幼少期から歌がうまく、「のど自慢荒らし」として知られていました。

 

同校では女優の榊ひろみさんや声優の加藤みどりさんらと同期でした。

 

在学中は早くから逸材として注目されており、同校も首席で卒業しています。

 

その後は高校に入学したり、大学に進学したりすることはありませんでした。

 

とは言え、以降の活躍は目覚ましく、女優としても歌手としても成功を収めています。

 

特に「男はつらいよシリーズ」のさくら役で国民的な人気を得ており、山田洋次監督の作品には欠かせない女優でした。

 

その他でも声優やナレーターなど、多方面で活躍してきました。

 

さすがに最近ではテレビドラマや映画への出演は減っていますが、未だに高い人気を誇っている人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ