久保建英の学歴と経歴|出身小学校中学校や高校の偏差値

 

久保建英(くぼ たけふさ)

 

 

200164日生

身長173㎝、67kg

 

神奈川県出身のプロサッカー選手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの長男で、妹と弟がいる。

 

20118月にスペインのFCバルセロナの下部組織のテストに合格して、アレビンCに入団。

 

2012-13年のシーズンは74得点を挙げて、リーグ戦得点王となる。

 

2013-14年のシーズンでは、地中海カップU-12トーナメントの得点王とMVPに輝く。

 

 

しかしその後にFCバルセロナの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反によって公式戦出場停止となって、20153月に帰国してFC東京の下部組織に入団。

 

201611月のJ3リーグAC長野パルセイロ戦でデビューし、Jリーグの史上最年少記録を塗り替えた。

 

 

20175月のコンサドーレ札幌戦でトップチームデビューを果たす。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:バルセロナの私立小学校

 

出身中学校:川崎市立西生田中学校

 

久保建英さんは川崎市麻生区の小学校(川崎市立西生田小学校が有力)に通学していましたが、小学校4年生の時にFCバルセロナの下部組織に入団したことからバルセロナ市内の私立小学校に転校して卒業しています。

 

中学校もバルセロナ市内の中学校に進学しており、下部組織のリーグで活躍しましたが、クラブの外国人選手の獲得違反問題に巻き込まれて出場停止となってしまいます。

 

そのため中学校2年生に上がるタイミングで帰国して、川崎市立西生田中学校に編入して卒業しています。

 

中学3年生の時にはFC東京U-18に飛び級で昇格して、日本クラブユース選手権でも大会史上初の中学生の得点王に輝くなど、サッカー選手として大きな成長を見せています。

 

学歴~出身高校

 



 

出身高校:通信制の高校(校名不明) 偏差値なし

 

久保建英さんは中学校を卒業後は都内の全日制の高校に進学しますが、後に通信制の高校に転校しています。

 

通信制の高校に関しては、サッカー選手の在籍も多い東海大学望星高校ウィザス高校の名前がインターネット上で挙げられていますが、現時点では確証はないようです。

 

高校1年生の時にFC東京のトップチームに登録されてJ3デビューを果たしたことから、よりサッカーに専念するために通信制の高校に転校しました。

 

以降の活躍も目覚ましく、165か月でJ1デビューを飾ったほか、U-20日本代表にも飛び級で選出されています。

 

「和製メッシ」の呼び声も高く、故障などがなければ将来の日本サッカー界を背負うほどの選手にもなりそうです。

 

今後の大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ