三谷幸喜の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

三谷幸喜(みたに こうき)

 

 

196178日生

身長174

 

東京都出身の演出家、脚本家、俳優

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子。

 

1983年に劇団東京サンシャインボーイズを結成し、初期には一橋壮太朗名義で俳優も務めていた。

 

 (若い頃)

 

1989年からテレビドラマ「やっぱり猫が好き」の脚本を担当して注目される。

 

1994年から脚本を担当した「古畑任三郎」は大ヒットを記録して、一躍人気脚本家となる。

 

以降も「王様のレストラン」や「竜馬におまかせ」、「総理と呼ばないで」など、脚本を手掛けた連続ドラマが軒並みヒット。

 

1997年の映画「ラヂオの時間」で監督デビュー。

 

その後も「みんなのいえ」や「THE 有頂天ホテル」、「清須会議」などの映画を監督している。

 

私生活では1995年に女優の小林聡美と結婚したが、2011年に離婚。

 

 

2013年に17歳年下の女優のyumaと再婚し、2014年に長男が誕生した。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 世田谷学園 理数科 偏差値50台後半(当時)

 

三谷幸喜さんの出身校は、私立の男子校の世田谷学園高校です。

 

同校は1902年開校の仏教系の伝統校で、柔道部が全国的な強豪として知られています。

 

また同校は現在は偏差値67程度の難関校ですが、当時は現在ほどレベルは高くありませんでした。

 

三谷さんは世田谷区立給田小学校から世田谷区立烏山中学校を経て、同校に進学しています。

 

小学生の頃からテレビドラマや映画が好きで、小学校の6年生の時に初めての脚本を書いています。

 

中学生の頃は演劇部に在籍しており、高校時代には自主映画を製作するほどでした。

 

なお小学生の頃にはサッカークラブに通っていましたが、スポーツは苦手でした。

 

【主な卒業生】

萩原流行(俳優)

内野聖陽(俳優)

水木一郎(歌手)

吉田秀彦(柔道家)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:日本大学 芸術学部演劇学科 偏差値50(普通)

 

三谷幸喜さんは高校卒業後は、日本大学の芸術学部に進学しています。

 

大学時代に頭角を現して、東京サンシャインボーイズを主宰。

 

大学卒業後は劇団の興行のほか、放送作家としてもデビューして、「欽ドン!」や「お笑いマンガ道場」などのバラエティー番組を手掛けています。

 

その後は脚本家として活動をはじめると、連続ドラマでヒットを飛ばして人気脚本家となります。

 

以降の活躍は周知の通りで、脚本家、演出家、映画監督など多方面でその才能を発揮しています。

 

常に話題の人物だけに、今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ