芳根京子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と高校時代と経歴

 

芳根京子(よしね きょうこ)

 

 

1997年2月28日生

身長159㎝

血液型はA型

 

東京都出身の女優

 

以下では芳根京子さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

高校1年の時に行ったライブ会場でスカウトされ芸能界入り。

 

2013年ドラマ「ラスト♡シンデレラ」で女優デビュー。

 

 

2014年に出演したNHKの朝ドラ「花子とアン」で、仲間由紀恵の娘役を演じて注目される。

 

 

同年の「物置のピアノ」で映画初出演にして主役を演じた。

 

2015年のドラマ「表参道高校合唱部!」でドラマ初主演し、その演技の評価も高かった。

 

 

2016年のNHK朝ドラ「べっぴんさん」のオーディションを勝ち抜き、ヒロインを演じる。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 東海大望星高校 偏差値46(容易)

※入学時は都立深沢高校(偏差値40)

 

芳根京子さんの出身高校はクラーク記念国際高校日出高校などの噂もありますが、東海大望星高校です。

 

同校は通信制の高校でありながら高い進学率を誇ることで知られ、早稲田や慶応などの難関大学に進学する卒業生もいます。

 

カリキュラムの内容としてはインターネットの講義を視聴して、スクーリングやレポートの提出で単位を取得できるものです。

 

芳根さんは杉並区立中瀬中学校を卒業して当初は都立深沢高校に入学していましたが、幅広く芸能活動をするために高校2年生の時に同校に転校しました。

 

中学時代は吹奏楽部に所属しており、フルートを担当しています。

 

 

中学2年生の時に難病のギランバレー症候群を患っています。

 

ギランバレー症候群は脳から発信される伝達が筋肉に伝わらずに体に力が入らなくなる難病ですが、芳根さんは1年間学校を休学して治療に専念したことから完治しています。

 

17歳の時にNHKの朝ドラに抜擢されるなどしましたが、やはりこれらも芸能活動を優先させた結果でしょう。

 

芳根京子 高校

(高校卒業時)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

芳根京子さんは、高校卒業後は芸能活動に専念するため大学には進学しませんでした。

 

本人のブログにも大学や料理の専門学校に進学せずに、芸能活動一本に絞ると明記しています。

 

大学と並んで料理の専門学校が記されているということは、当初はそちらへの進学も選択肢にあったようですね。

 

恐らく料理なども得意なのかと思われます。

 

19歳の時にNHKの朝ドラのヒロイン役に抜擢されてその人気も全国区となりました。

 

その後も連続ドラマの主演に起用されるなど、着々と人気女優の地位を築いています。

 

演技に関しても高評価なので、今後の女優としての成長にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ