加藤登紀子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

加藤登紀子(かとう ときこ)

 

 

19431227日生

身長155

 

満州国ハルビン市出身のシンガーソングライター

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

兄と姉がいる。

 

1966年に「誰も知らない」でデビューし、「赤い風船」で日本レコード大賞新人賞を受賞。

 

 

1968年のテレビドラマ「お多江さん」で女優デビュー。

 

1971年に「知床旅情」がミリオンセラーになる。

 

 

1983年の「居酒屋兆治」で映画初出演し、「ハチ公物語」や「花の季節」などの映画にも出演している。

 

 

1987年に「百万本のバラ」が大ヒットとなる。

 

 

1992年に映画「紅の豚」で声優として初出演。

 

作詞家・作曲家としても、沢田研二や中森明菜に楽曲提供をしている。

 

私生活では1972年に学生運動指導者と結婚して3人の娘をもうけており、次女のYaeは歌手。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 駒場高校普通科 偏差値68(難関・現在)

 

加藤登紀子さんの出身校は、都立の共学校の駒場高校です。

 

同校は1905年開校の伝統校で、現在も進学校として知られています。

 

しかし加藤さんの在籍時は都立高校の全盛期で、現在よりもレベルは高いものでした。

 

京都市立下賀茂小学校から世田谷区立桜木中学校を経て、同校に進学しています。

 

加藤さんは子供の頃から勉強がよくできて、中学校と高校は学年トップで卒業総代を務めています。

 

高校時代はアナウンス部に所属するなど、学生時代はインドア派でした。

 

高校2年生の頃から兄の影響で、学生運動に関わっています。

 

【主な卒業生】

吉永小百合(女優・転校)

長谷直美(女優)

岸朝子(料理研究家)

村上純(お笑い・しずる)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:東京大学 文学部西洋史学科 偏差値72(現在・超難関)

 

加藤登紀子さんは高校卒業後は、最難関の国立大学の東京大学に進学します。

 

大学在籍時は演劇研究会に入会していますが、後に辞めています。

 

また大学時代は学生運動に没頭し、卒業式をボイコットしてデモに参加しています。

 

大学4年生の頃に日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝して、翌年歌手デビューを果たします。

 

以降は数々の名曲をリリースして人気歌手の座を築いたほか、女優としても活動するなど、多方面で精力的に活動をしてきました。

 

未だに幅広い層から絶大な人気を得ており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ