宮下純一の学歴|出身中学校高校や大学の偏差値と経歴

 

宮下純一(みやした じゅんいち)

 

 

19831017日生

身長183㎝、74kg

 

鹿児島県出身のタレント、元競泳選手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

当初は競泳選手として活躍して、2008年の北京オリンピックでは男子50m背泳ぎでアジア・日本新記録を樹立。

 

また男子メドレーリレーに北島康介らと出場して、銅メダルを獲得した。

 

 

同年10月に競泳選手を引退し、タレントへ転向。

 

2010年から情報番組「あさイチ」のコーナーリポーターを務める。

 

 

他にも「はねるのトびら」や「ケンミンショー」、「VS嵐」などのバラエティー番組に出演。

 

 

Qさま」や「ネプリーグ」などのクイズ番組にも出演するほか、地元鹿児島のローカル番組にも多数出演している。

 

俳優としても「海の金魚」や「空の境界」などの映画に出演。

 

私生活では2016年に1歳年上の一般人女性と結婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:鹿児島県 甲南高校 偏差値69(難関)

 

宮下純一さんの出身校は、県立の共学校の甲南高校です。

 

同校は1906年開校の伝統校で、古くから県内ではトップクラスの進学校として知られています。

 

宮下さんは鹿児島大学教育学部附属中学校(偏差値58)から一般受験で同校に進学しており、かなりの学力の持ち主でした。

 

5歳の時から水泳をはじめており、高校時代もインターハイに出場するほどの選手でした。

 

高校3年生の時には水泳部長を務めており、全国大会では入賞経験はありませんでしたが、体育祭でオリンピック出場宣言をしています。

 

【主な卒業生】

恵俊彰(ホンジャマカ)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:筑波大学 体育専門学部 偏差値58(中の上)

※現在は体育専門学群

 

宮下純一さんは高校卒業後は、筑波大学に進学しています。

 

大学入学後も水泳部に所属していますが、当初は練習メニューについていけずに女子選手のメニューで練習していました。

 

しかし大学2年生の時には全日本選手権の表彰台に上がるなど大きく成長し、オリンピックも夢から目標に変わったと語っています。

 

大学卒業後は大手芸能事務所のホリプロに就職して、会社のサポートもあってほとんど出社することなく水泳に専念しています。

 

25歳で出場した北京オリンピックでは銅メダルを獲得する快挙を成し遂げて、その後にタレントに転向しています。

 

現在でも様々なジャンルに出演するマルチタレントとして活躍しており、今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ