岸谷五朗の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 岸谷五朗(きしたに ごろう)

 

 

1964927日生

身長175

 

東京都出身の俳優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

1983年に三宅裕司が主宰する劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団(1994年に退団)。

 

 

以降は数多くの舞台に出演し、劇団の看板俳優として活動。

 

 

1988年の「追いかけたいの」でテレビドラマに初出演。

 

1990年から恵俊彰との共演でラジオ番組「岸谷五朗の東京RADIO CLUB」のDJを担当し、知名度が一気に上昇。

 

 

1993年の映画「月はどっちに出ている」の主演に抜擢されてブレイク。

 

 

1996年の「みにくいアヒルの子」でテレビドラマ初主演。

 

 

以降も「らせん」や「神様のいたずら」、「世界で一番熱い夏」などの連続ドラマに主演。

 

 

私生活では1996年にプリンセス・プリンセスのボーカルの奥居香と結婚し、2児の父親。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 小平高校 偏差値58(中の上)

 

岸谷五朗さんの出身校は、都立の共学校の小平高校です。

 

同校は進学成績もよい反面、部活動も盛んなことで知られています。

 

武蔵野市立第四中学校から同校に進学しています。

 

高校時代はサッカー部に在籍し、リレーの選手も務めるなど運動神経はよかったようです。

 

また当時はかなりの不良で喧嘩が強く「三多摩の五朗」との異名をとって、不良グループの「小平愚連隊」のトップとして君臨していました。

 

しかしイジメなどはせずに面倒見がよく、授業などもさぼらなかったことから、他の生徒や教師からも非常に評判の良い、珍しい不良でした。

 

【主な卒業生】

柳原可奈子(お笑いタレント)

川田龍平(政治家)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:中央大学 商学部(中退) 偏差値58(中の上)

 

岸谷五朗さんは高校卒業後は、中央大学に進学しています。

 

大学1年生の時に三宅裕司さん主宰の劇団の入団試験を受けますが、履歴書に特攻服姿の写真を使って三宅さんを驚かせるとともに、課題のひとり芝居もクリアして合格します。

 

以降は俳優活動を開始したことから、時期は不明ですが大学は中退してしまっています。

 

しかしその後の活躍は目覚ましく、数えきれないほどの舞台やテレビドラマ、映画に出演して、人気俳優の地位を築き上げました。

 

近年は主演作こそ減りましたが、圧倒的な存在感で様々な作品を盛り上げています。

 

現在も精力的に活動しており、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ