桃田賢斗(バドミントン)の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

桃田賢斗(ももた けんと)

 

 

199491日生

身長175

 

香川県出身のバドミントン選手

NTT東日本所属

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

姉がいる。

 

小学校1年生の頃からバドミントンをはじめる。

 

2011年の世界ジュニア選手権で準決勝まで進出。

 

2013年に全日本社会人バドミントン選手権で初優勝。

 

2014年に団体戦の世界選手権トマス杯に日本代表として出場し、シングルス5戦全勝の成績を残して日本の初優勝に貢献。

 

2015年のシンガポールオープンで優勝し、日本人男子選手初となるBWFスーパーシリーズ・シングルス優勝を遂げる。

 

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックへの出場が確実視されていたが、同年4月に都内の違法カジノで賭博をしたことが判明し、無期限出場停止処分を受けた。

 

 

2018年のバドミントンアジア選手権で、日本勢初となるシングルスで優勝を遂げた。

 

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福島県 富岡高校 スポーツ科 偏差値39(かなり容易)

※現在は休校中

 

桃田賢斗さんの出身校は、県立の共学校の富岡高校です。

 

同校は公立校ながら、国際コースや福祉コース、スポーツコースなどの専門的な学科のみを設置していた高校です。

 

2015年にふたば未来学園高校の開校に伴って募集停止して、現在は休校となっています。

 

桃田さんは香川県の三豊市立吉津小学校から福島県の富岡町立富岡第一中学校を経て、同校に進学しています。

 

小学校6年生の時に全国大会で初優勝しており、中学3年生の時にも全国中学校バドミントン大会に優勝して、全日本ジュニア選手権でベスト4に入るなど、際立った活躍を見せています。

 

高校時代はさらにバドミントン選手として進化を遂げて、高校2年生にして全日本総合選手権の準々決勝に進出。

 

高校3年生の時には世界ジュニア選手権で日本人初となる優勝を遂げており、世界ランクを50位にまで上げています。

 

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

桃田賢斗さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、実業団のNTT東日本に入社しています。

 

入社1年目でいきなり全日本社会人バドミントン選手権を制覇。

 

以降は国際大会でも活躍して、リオデジャネイロオリンピックでのメダル獲得の期待もありましたが、違法カジノ問題で出場停止となってオリンピック出場を逃します。

 

しかし復帰後の活躍は目覚ましく、国際大会で5大会連続優勝を遂げると、日本人選手としては男女を通じて初となるアジア選手権での優勝を飾ります。

 

強豪国の中国の世界ランカーとも対等に試合ができることから、2020年の東京オリンピックの有力なメダル候補にも名前が挙がるほどです。

 

一度は失敗しましたが、その失敗を糧に大きな飛躍を遂げてほしいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ