徳永英明の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

徳永英明(とくなが ひであき)

 

 

1961227日生

身長175

 

福岡県出身(兵庫県育ち)のシンガーソングライター

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の兄。

 

1985年にロックミュージカル「はらじゅくグラフィティ」のオーディションで、TRFSAMと争って主演の座を射止めて俳優デビュー。

 

19861月に1stシングル「Rainy Blue」で歌手デビュー。

 

 

1987年に4thシングル「輝きながら…」が、フジカラーのCMソングに起用されてヒット。

 

 

1989年のテレビドラマ「悲しいほど好き!」に主演として抜擢される。

 

 

以降も「恋人」や「壊れかけのRadio」などの楽曲がヒット。

 

2005年にカバーアルバム「VOCALIST」をリリースするとロングヒットになって、翌年のNHK紅白歌合戦に初出場。

 

 

私生活では1994年に元モデルの女性と結婚し、2人の子供がいる。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 市立伊丹高校 偏差値42 or 48

 

徳永英明さんの出身校は、市立の共学校の伊丹高校です。

 

伊丹市内には県立の伊丹高校も存在しますが、別々の高校です。

 

また同校は商業科(偏差値42)と普通科(偏差値48)を設置していましたが、徳永さんがいずれの学科に所属したかは不明です(現在はグローバルコミュニケーション学科もあるが、当時はなかった)

 

徳永さんは福岡県の福岡市立別府小学校から伊丹市立南中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学3年生の時に聴いた井上陽水さんの「氷の世界」に衝撃を受けて、歌手を目指しています。

 

中学校ではテニス部、高校ではサッカー部とバレーボール部に所属するなど、スポーツは得意でした。

 

しかし高校時代はあまり真面目な生徒ではなく、勉強はほとんどせずに、遊びとアルバイトに明け暮れていました。

 

ただし高校時代から曲作りなどをはじめていました。

 

(高校時代)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:大阪の観光専門学校(校名不明・中退)

 

徳永英明さんは高校卒業後は、大阪の観光系の専門学校に進学しています。

 

しかしわずか2か月で中退して上京し、歌手を目指しています。

 

オーディション番組の「スター誕生」にも出場しましたがスカウトされずに、デビューのきっかけを求めて俳優養成所にも通っています。

 

父親から「25歳までにデビューできなければ、保険の営業マンになれ」と言われており、デビューするまでは苦労を重ねています。

 

しかしミュージカルの舞台に出演したことがきっかけで、2410か月で歌手デビューを果たします。

 

デビューの翌年にいきなりヒットを飛ばすなど、以降は順調にキャリアを重ねていきます。

 

また44歳の時にリリースしたカバーアルバムがヒットし、音楽界にカバーブームを引き起こすなど、未だに大きな存在感を保っています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ