渡辺えりの学歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

渡辺えり(わたなべ えり)

 

 

195515日生

身長160

 

山形県出身の女優、タレント

本名(旧姓)及び旧芸名は渡辺えり子

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で弟がいる。

 

1978年にもたいまさこらと劇団「2〇〇」(にじゅうまる)を結成し、1980年に「3〇〇」(さんじゅうまる)に改名。

 

 

1982年の「ウィークエンド・シャッフル」で映画初出演。

 

1983年の「おしん」でテレビドラマ初出演。

 

 

1997年からの「転勤刑事シリーズ」でテレビドラマ初主演。

 

以降も数多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「100の資格を持つ女シリーズ」や「小児救命」、「あまちゃん」など。

 

 

「忠臣蔵外伝 四谷怪談」や「Shall we ダンス?」、「サバイバルファミリー」などの映画にも出演。

 

私生活では1996年に12歳年下の俳優の土屋良太と結婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:山形西高校 偏差値66(難関)

 

渡辺えりさんの出身校は、県立の共学校の山形西高校です。

 

同校は1898年開校の伝統校で、県内でもトップクラスの進学校として知られています。

 

またいちおうは共学校ですが、生徒は女子のみで事実上の女子校です。

 

渡辺さんは山形市立第六中学校から同校に進学しています。

 

幼少期から演劇が好きで、小学校5年生の時には演劇の主演と演出をしています。

 

中学校では演劇部がなかったことから合唱部に在籍していますが、高校時代は演劇部に所属しています。

 

また高校時代はフォークグループを結成しており、コンテストにも出場経験があります。

 

【主な卒業生】

武田祐子(アナウンサー)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:専門学校 舞台芸術学院 偏差値なし

 

渡辺えりさんは高校卒業後は、専門学校の舞台芸術学院に進学しています。

 

同校は昭和23年開校の老舗の俳優養成学校で、役所広司さんや市村正親さん、平岩紙さんらも卒業生です。

 

同校卒業後に劇団を立ち上げて、多くの舞台に出演しています。

 

また23歳の時に出演したNHKの朝ドラ「おしん」の演技が高い評価を受けて、以降は数えきれないほどのテレビドラマや映画に出演してきました。

 

加えてユニークなキャラクターでタレントとしても活動しており、バラエティー番組や情報番組にレギュラー出演しています。

 

さらには演出家や作詞家としての顔を持ち、多方面で活動しているので末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ