伊勢谷友介の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

伊勢谷友介

 

伊勢谷

 

1976529日生

身長179

 

東京都出身の俳優、映画監督

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいで妹がいる。

 

幼少期に両親が離婚し、函館で過ごす。

 

1996年からモデルとしての活動を開始し、ファッションショーや

CMに出演。

 

伊勢谷 モデル

(モデル時代)

 

1999年の映画「ワンダフルライフ」で俳優デビュー。

 

2003年の映画「カクト」で初めて監督を務める。

 

映画「黄泉がえり」などで知名度を上げ、2004年の映画

CASSHERN」で初主演。

 

その後も「パッセンジャー」や「雪に願うこと」、

「図鑑に載っていない虫」などの映画で主演。

 

2009年に「白洲次郎」でドラマ初出演にして主演。

 

翌年にはNHKの大河ドラマ「龍馬伝」に出演。

 

近年も「るろうに剣心」や「新宿スワン」などの話題作の映画に出演。

 

演出の統一性のなさや視聴率によって脚本が左右されることを嫌い、

テレビドラマへの出演が極端に少ない。

 

53歳差の異母兄にデザイナーの山本寛斎がいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 日大豊山高校 偏差値58(中の上)

 

伊勢谷友介さんの出身校は、私立の男子校の日大豊山(ぶざん)高校です。

 

同校は明治36年設立の伝統校で、政財界にも多くのOBを輩出しています。

 

伊勢谷さんは母子家庭で育ちアパート暮らしなども経験していますが、

母親は非常に教育熱心で、こちらの高校に進学します。

 

子どもの頃から絵を描くの好きだった伊勢谷さんですが、高校時代は

山本寛斎さんの影響でデザイナーを志していました。

 

【主な卒業生】

坂口安吾(小説家)

安西水丸(イラストレーター)

山田隆夫(笑点メンバー)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:東京藝術大学 美術学部デザイン科 偏差値60(超難関)

 

伊勢谷友介さんは高校卒業後は、「芸大」で知られる東京藝術大学に進学します。

 

周知の通り日本の芸術・音楽系の大学では最高峰に位置し、実技試験が非常に

難関で容易には入学できず、ある意味東大よりも入学が困難な大学です。

 

卒業生にも平山郁夫や横山大観といったビッグネームがズラリです。

 

そんな大学に伊勢谷さんは現役合格してしまうのですから、

美術的なセンスは並大抵のものではないはずです。

 

しかも運動神経もよく、学生時代は水泳のインストラクターを務めていましたから、

まさに何でもできてしまう人なのでしょう。

 

大学4年生の時にはニューヨーク大学に留学し、その後は同大の大学院に

進んでいますから、向学心も非常に高いですね。

 

学生時代からモデルとして活動し、その後は俳優に転身して多くの映画に出演

するほどの人気を博しています。

 

他にも映画監督をしたりと様々な分野で活躍できる能力を持っていますから、

今後の動向も気になります。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ