田中大貴(バスケ)の学歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

田中大貴(たなか だいき)

 

 

199193日生

身長192 93kg

 

長崎県出身のバスケットボール選手

アルバンク東京所属

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

小学校2年生の時に友人に誘われてバスケットボールをはじめる。

 

2012年に日本代表にはじめて選出され、FABAアジアカップに出場して準優勝。

 

 

20142月にNBLのトヨタ自動車アルバンク東京に入団し、仁川アジア競技大会にも出場。

 

 

2015年から主力選手となり、チームをけん引。

 

2016年にプロリーグの統合によって、チームはBリーグB1東地区となる。

 

同年に1試合平均13.2得点を記録して、チームのプレーオフ進出に貢献。

 

将来を嘱望されており、「バスケットボール界のプリンス」の異名をとる。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長崎西高校 偏差値67 or 70

 

田中大貴さんの出身校は、県立の共学校の長崎西高校です。

 

同校は長崎県でもトップレベルの難関校で、これまで多くの人材を政財界に輩出しています。

 

また進学校にも関わらず、バスケットボール部は県内でも強豪として知られており、たびたび全国大会にも出場しています。

 

同校は普通科(偏差値67)、理系(同70)ですが、田中さんがどちらに在籍したかは不明です。

 

なお同校は進学校ですが、年に2人だけ特別推薦枠(スポーツ推薦)での入学を認めており、田中さんはその制度で進学しています。

 

田中さんは雲仙市立小浜中学校から同校に進学しています。

 

中学校でもバスケットボール部に所属していますが、全国的にさほど目立つ存在ではなく、県外の強豪校への進学を諦めています。

 

高校時代にバスケットボール選手として大きく飛躍し、1年生の頃からレギュラーとして活躍。

 

チームも1年生の時からウインターカップに3年連続で出場し、2年生の時にはウインターカップとインターハイでベスト16を記録しています。

 

高校時代は寮生活をしており、まさにバスケットボール漬けの毎日でした。

 

【主な卒業生】

長濱ねる(欅坂46

草野仁(アナウンサー)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:東海大学 体育学部競技スポーツ学科 偏差値50(普通)

 

田中大貴さんは高校卒業後は、バスケットボールの強豪として知られる東海大学に進学しています。

 

大学でもバスケットボール部に所属して、1年生の頃からレギュラーを獲得。

 

3年生の時にははじめて日本代表に選出されて、アジアカップなどに出場。

 

4年生の時には全日本大学選手権に優勝し、最優秀選手にも選ばれています。

 

その後はBリーグでも活躍し、将来の日本バスケットボール界を背負うような存在と目されています。

 

今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ