三田佳子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

三田佳子(みた よしこ)

 

 

1941108日生

身長158

 

大阪府出身の女優

本名は石黒嘉子(よしこ・旧姓)

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で、弟がいる。

 

中学生の頃から子役としてラジオ、テレビ番組に出演し、1963年には「夜の口笛」で歌手デビュー。

 

1960年に第二東映に入社して本格的にデビュー。

 

同年の「殺られてたまるか」で映画初出演。

 

 

当初から主演級として起用され、佐久間良子に次ぐ東映の看板女優として多数の映画に出演。

 

 

1967年に東映を退社して以降は、テレビドラマへの出演が増える。

 

1984年に出演した「Wの悲劇」の演技が高く評価され、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞などを受賞。

 

 

以降も多数の作品に出演し、テレビドラマの代表作は「いのち」や「花の乱」、「外科医有森冴子」など。

 

 

またCMへの出演が多く、「CM女王」とも呼ばれた。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 女子美術大学附属高校 偏差値53(普通・現在)

 

三田佳子さんの出身校は、私立の女子校の女子美術大学附属高校です。

 

中野区立桃園第三小学校から系列の女子美術大学附属中学校(偏差値52・現在)を経て、同校に内部進学しています。

 

中学生の頃から子役として数々のラジオ、テレビ番組に出演する傍ら、学校では演劇部に所属していました。

 

当時から業界では逸材と注目され、高校時代には複数の映画会社からスカウトを受けていますが、学業優先という理由ですべて断っています。

 

【主な卒業生】

桃井かおり(女優)

賀来千香子(女優)

安田成美(女優・中退)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

三田佳子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、東映に入社しています。

 

三顧の礼をもって迎えられた東映ではデビュー当時から主演級女優として売り出され、在籍した7年間でおよそ60本の映画に出演しています。

 

フリーに転身後もその美貌と演技力で数多くの作品に出演。

 

さらにはCMや司会者としても活躍し、1991年から94年までは高額納税者の俳優・タレント部門の1位になるほどでした。

 

まさに日本を代表する女優のひとりであり、2014年には長年の功績が認められ、旭日小綬章を受賞しています。

 

次男の不祥事などで活動休止に追い込まれたこともありましたが、現在でも精力的に活動しています。

 

ファンも多い人物なので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ