勝間和代の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

勝間和代(かつま かずよ)

 

 

19681214日生

身長158

 

東京都出身の評論家、著述家、タレント

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの末っ子で、11歳と10歳上の姉と8歳上の兄がいる。

 

高校時代から公認会計士の勉強をしはじめ、旧制度では史上最年少の19歳で2次試験に合格し、23歳で最終合格(2011年に廃業)

 

アメリカの大手会計事務所のアーサー・アンダーセンやケミカル銀行などの勤務を経て、マッキンゼー・アンドカンパニーで経営コンサルタントとして活動。

 

(若い頃)

 

その後はJPモルガン証券で証券アナリストとして在籍。

 

2007年に投資顧問及び経営コンサルタントとして独立。

 

2009年より中央大学大学院の客員教授となる。

 

「お願いランキング」や「バラいろダンディ」などのテレビ番組に出演。

 

 

非常に多くの著書を刊行していることで知られる。

 

 

私生活では2回離婚しており、3人の娘の母。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 慶應義塾女子高校 偏差値76(超難関)

 

勝間和代さんの出身校は、私立の女子校の慶応義塾女子高校です。

 

同校は慶応義塾大学系列の唯一の女子校で、全国でも屈指の難易度を誇ることで知られています。

 

葛飾区立住吉小学校から慶応義塾中等部(偏差値72)を経て、同校に進学しています。

 

小学生の頃に姉が就職活動で苦労しているのを見て、将来は公認会計士になることを決意。

 

また中学生の頃には当時珍しかったITに興味を持ち、系列の慶応大学のコンピューターでプログラムを作成するほどでした。

 

さらに高校時代に難関で知られる公認会計士の試験勉強をスタートしています。

 

【主な卒業生】

弘中綾香(アナウンサー)

紺野美沙子(女優)

向井千秋(宇宙飛行士)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:慶応義塾大学 商学部 偏差値70(超難関)

 

勝間和代さんは高校卒業後は、系列の慶応義塾大学に進学しています。

 

大学1年生の時には当時の最年少記録で公認会計士の2次試験を突破。

 

また学生結婚しており、大学3年生の時に長女を出産しています。

 

大学卒業後は早稲田大学の大学院に進学するとともに、大学院在学中に公認会計士の最終試験にも合格しています。

 

大学時代から監査法人に会計士補として勤務しており、その後は米大手会計法人や銀行、コンサルティング会社、証券会社と金融や経営関連の会社に勤務してスキルアップを図っています。

 

タレントやコメンテーターとしてテレビに出演しており、鋭い弁舌で高い人気を誇っています。

 

今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ