西野朗の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

西野朗(にしの あきら)

 

 

195547日生

身長182㎝ 体重72

 

埼玉県出身の元サッカー選手、サッカー指導者

サッカー日本代表監督

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

大学在学中の1974年に日本代表に選出される。

 

 

 

 

1978年に日立製作所に入社して、サッカー日本リーグで活躍。

 

 

1985年には日本サッカーリーグタイ記録の8試合連続得点を挙げて、ベストイレブンに選出された。

 

1990年に現役を引退。

 

1994年にU-23日本代表監督に就任し、アトランタオリンピックでブラジルを破る快挙を遂げる。

 

1998年にJリーグ柏レイソルの監督に就任し2000年には2位になるが、2001年に成績不振により途中解任された。

 

2002年にガンバ大阪の監督に就任し、2005年にチーム初となるJリーグ制覇。

 

 

2011年まで10年間にわたってガンバ大阪を指揮した。

 

20125月からヴィッセル神戸の監督に就任するが、11月に解任。

 

20184月にヴァヒド・ハリルホジッチ監督の解任を受けて、日本代表監督に就任。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 浦和西高校 偏差値65(難関)

 

西野朗さんの出身校は、県立の共学校の浦和西高校です。

 

同校は古くからの進学校として、多くの人材を政財界に輩出してきました。

 

またかつてはサッカーの強豪校として知られ、全国大会で優勝したこともあります。

 

西野さんは浦和市立原山中学校(現在はさいたま市立)から同校に進学しています。

 

高校時代はサッカー部に所属してMFとしてチームをけん引。

 

全国高校選手権でベスト8の成績を残しています。

 

【主な卒業生】

梨本勝(芸能リポーター)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:早稲田大学 教育学部 偏差値65(難関)

 

西野朗さんは高校卒業後は、サッカーの名門の早稲田大学に進学しています。

 

大学1年生の時にいきなり日本代表に選出され、大学時代に選手として大いに飛躍を遂げています。

 

卒業後は日本リーグの日立に進んで、9シーズンにわたってレギュラーとしてチームをけん引しました。

 

引退後は指導者に転向しますが、アトランタオリンピックでの「マイアミの奇跡」を巻き起こして名を上げます。

 

またガンバ大阪の監督としてJリーグを制覇するなど、指導者としてもかなりの実績を残してきました。

 

ハリルホジッチ監督の電撃解任を受けて、日本代表監督に就任しましたが、その手腕に注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ