片岡鶴太郎の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)

 

 

19541221日生

身長160

 

東京都出身のお笑いタレント、俳優

本名は荻野繁雄

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟で3歳年下の弟がいる。

 

1973年に声帯模写の片岡鶴八に入門。

 

当初はモノマネタレントとして活動し、1978年の「お笑い大集合」でデビュー。

 

 

その後に出演した「俺たちのひょうきん族」で人気者となる。

 

 

19844月から「笑っていいとも!」のレギュラーを務める(19959月まで)

 

以降は「夕やけニャンニャン」や「上海紅鯨団が行く」など多くのバラエティ番組に出演。

 

 

俳優としても活動し、代表作は「太平記」や「元禄繚乱」、「八丁堀の七人」など。

 

 

画家としての顔も持ち、草津町や福島市に美術館がある。

 

私生活では20代前半で結婚して3人の子供をもうけたが、30歳から別居状態で2017年に離婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 竹台高校 偏差値47(現在)

 

片岡鶴太郎さんの出身校は、都立の共学校の竹台高校です。

 

同校は現在は偏差値も低迷していますが、片岡さんが在籍した当時は進学校(偏差値は不明)でした。

 

荒川区立真土小学校から荒川区立第十中学校を経て、同校に進学しています。

 

幼少期から父親に寄席や演芸場に連れられて行ったことから、幼い頃からお笑い芸人を志し、10歳の時に早くも素人参加型のテレビ番組に出演しています。

 

中学3年生の時の成績はビリから23番目でしたが、猛勉強をして学年のトップ10に入って同校も合格しています。

 

高校時代は演劇部に所属して部長も務めており、俳優を志望するようになりました。

 

【主な卒業生】

林家正蔵(落語家)

林家三平(2代目・落語家)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

片岡鶴太郎さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、俳優を目指しています。

 

ところがうまくいかなかったことから、声帯模写に転じて演芸場などに出演するようになりました。

 

転機となったのは27歳の時で、「俺たちひょうきん族」で近藤真彦さんのモノマネを披露すると一躍脚光を浴びて、モノマネ芸人として全国区の人気を得ます。

 

以降の活躍は周知の通りで、お笑いタレントや俳優、芸術家としても成功しており、かなりマルチな活動を展開してきました。

 

近年はテレビでの活動のほか、書道などにも挑戦しており、今後の動向にも注目集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ