長友佑都の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

長友佑都(ながとも ゆうと)

 

 

1986912日生

身長170

 

愛媛県出身のプロサッカー選手

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で姉と弟がいる。

 

2008年にFC東京と契約しプロデビュー。

 

 

同年5月には日本代表に招集されて、キリンカップで代表デビュー。

 

2010年の南アフリカワールドカップでの活躍が評価され、同年7月にイタリア・セリエAのACチェゼーナに移籍。

 

 

20111月に同じセリエAの名門クラブ・インテルミラノに移籍。

 

 

チームでは当初から主力選手として活躍し、2017年にはインテル通算200試合を達成。

 

日本代表としても長らく活躍しており、201711月のブラジルとの親善試合で、史上7人目となる国際Aマッチ100試合出場を達成。

 

私生活では20171月に女優の平愛梨と結婚し、20182月に長男が誕生した。

 

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東福岡高校 偏差値45(当時・容易)

 

長友佑都さんの出身校は、私立の男子校の東福岡高校です。

 

同校はスポーツの名門校として知られ、サッカー部やラグビー部は全国的な強豪です。

 

長友さんは愛媛県の西条市立三芳小学校から西条市立北中学校を経て、同校に越境入学しています。

 

中学時代もサッカー部に在籍していましたが当時の部は荒れており、長友さんも髪を染めてゲームセンターなどに入り浸っていました。

 

しかし恩師や母親の助力で立ち直り、サッカーの強豪の同校に進学します。

 

ところが選手層の厚い同校のサッカー部では選抜大会などのメンバーに選ばれず、高校時代は無名の選手でした。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

佐々木健介(プロレスラー)

黒瀬淳(パンクブーブー)

田口浩正(俳優)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:明治大学 政治経済学部 偏差値64(やや難関)

 

長友佑都さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

高校時代の実績が乏しかったことからスポーツ推薦を得られずに、指定校推薦での入学でした。

 

大学でもサッカー部に所属しますが、大学2年生の時にサッカー選手として覚醒。

 

チームの主力選手として活躍するとともに、全日本大学選抜やユニバーシアード代表などにも選出されるほどでした。

 

大学4年生の時に卒業を待たずにFC東京に入団すると、いきなり日本代表にも選出されて期待に違わぬ活躍を見せます。

 

以降もセリエAのインテルミラノや日本代表の主力選手として長きにわたって輝かしい成績を残しています。

 

今後もさらなる活躍にも期待がかかります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ