田口浩正の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

田口浩正(たぐち ひろまさ)

 

 

1967108日生

身長180

 

福岡県出身の俳優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1986年に東京乾電池の研究生となる。

 

1988年に小浦一優(芋洗坂係長)とお笑いコンビ「テンション」を結成するが、1992年から俳優に専念。

 

 

1989年の「ファンシィダンス」で映画初出演。

 

1991年の「不思議少女ナイルなトトメス」でテレビドラマ初出演。

 

以降は数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は「こちら本池上署シリーズ」や「警視庁捜査一課9係シリーズ」、「JIN」など。

 

 

映画では「Shall we ダンス?」などの周防正行監督の作品や「ラヂオの時間」などの三谷幸喜監督の作品の常連。

 

2005年からバラエティー番組「サラリーマンNEO」に出演していた(2011年まで)

 

 

私生活では2002年に結婚して、2児の父。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東福岡高校 偏差値45(容易・当時)

 

田口浩正さんの出身校は、私立の男子校の東福岡高校です。

 

同校はスポーツの名門校として知られ、サッカー部やラグビー部などが全国的な強豪として知られています。

 

また現在は進学コースなどを設置して進学率の向上を図っていますが、田口さんが在籍時にはありませんでした。

 

福岡市立長丘中学校から同校に進学しています。

 

中学校からバスケットボールで活躍して、同校でもバスケットボール部に所属。

 

強豪校の同校でレギュラーを務めるなど、バスケットボールはかなりの腕前でした。

 

また高校時代に自主映画を製作するなどしています。

 

【主な卒業生】

黒瀬純(パンクブーブー)

長友佑都(プロサッカー選手)

佐々木健介(プロレスラー)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

田口浩正さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、俳優を目指しています。

 

高校を卒業した年に劇団東京乾電池の研究生となっています。

 

その後はお笑いコンビ「テンション」のメンバーとしても活躍しますが、あくまでも俳優志望だったことから活動を休止。

 

24歳の頃からは俳優専業となって、以降は数えきれないほどのテレビドラマや映画に出演しています。

 

人のいいおじさん役から悪役まで様々な役柄を好演して、多くの作品を盛り上げてきました。

 

貴重なバイプレーヤーだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ