寺脇康文の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

寺脇康文

 

%e5%af%ba%e8%84%87

 

1962225日生

身長180

 

大阪府出身の俳優、タレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

俳優養成所卒業後の1984年に三宅裕司が主宰する

「スーパー・エキセントリック・シアター」に入団。

 

同年11月の舞台「超絶技巧殺人事件」で俳優デビュー。

 

1987年に同僚の岸谷五朗、山田幸伸とコントユニット

SET隊」を結成。

 

1988年の「追いかけたいの!」でドラマ初出演。

 

翌年の「満月のくちづけ」で映画初出演。

 

1990年代前半から多くのドラマに脇役として起用されはじめ、

「刑事貴族」や「適齢期」、「悪魔のKISS」などの人気ドラマに出演。

 

1996年から「王様のブランチ」の司会を務める(2003年まで)

 

2000年から出演した連続ドラマ「相棒」の亀山薫役が当たり役となり、

2008年まで出演。

 

2008年に出演した劇場版の「相棒」で日本アカデミー賞助演男優賞を受賞。

 

2010年には「853~刑事・加茂伸之介」で連続ドラマ初主演。

 

既婚者で二女、一男の子どもがいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岐阜県 岐陽高校 偏差値52(普通)

※現在は本巣松陽高校

 

寺脇康文さんの出身校は、公立の共学校の岐陽高校です。

 

同校は2004年に本巣高校と統合し、現在は本巣松陽高校となっています。

 

寺脇さんは子供の頃から人を笑わせるのが得意で、学生時代は

目立つ生徒で人気者でした。

 

高校時代には水谷豊さんの「傷だらけの天使」や松田優作さんの

「探偵物語」といったドラマに夢中だったとのこと。

 

子供のころから「スターになりたい」との思いはあったものの、

学生時代は漠然としたものだったそうです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

寺脇康文さんは高校卒業後は進学せずに、俳優になることを志します。

 

実は大学受験で早稲田大学の文学部を受験して失敗し、

アルバイトをしながら浪人生活をしていました。

 

当時はデパートの食料品売り場でバイトをしていましたが、

初めての給料をもらった際に、これからは自分は何をやって

食べていけるか考えて、出た答えが俳優でした。

 

そのためすぐに名古屋の俳優養成所に入所し、卒業後は22歳で

上京してスーパー・エキセントリック・シアターに入所しています。

 

その後は着々と中堅俳優としての地位を築き、ドラマ「相棒」に

出演後は人気俳優となりました。

 

48歳の時に連続ドラマ初主演など遅咲きでしたが、その確かな演技力で

現在でも多くのドラマや映画で活躍しています。

 

息の長い活動を期待したいです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ