麻生太郎の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

麻生太郎(あそう たろう)

 

 

1940920日生

 

福岡県出身の政治家、第92代内閣総理大臣

自由民主党所属

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

7人きょうだいの長男。

 

元首相の吉田茂は祖父、父親は麻生セメント会長。

 

1966年に家業の麻生産業に入社し、1973年から麻生セメントの社長を務める(1979年まで)

 

1976年のモントリオールオリンピックに、射撃の日本代表として出場(41位)。

 

 

1979年の衆議院議員選挙に自民党から立候補して初当選。

 

 

2期務めた後の1983年の衆議院議員選挙で落選するが、1986年の選挙で復帰。

 

1996年の第2次橋本内閣に経済企画長官として初入閣。

 

以降は経済財政策担当大臣や総務大臣、外務大臣といった要職を務める。

 

20088月の総裁選で勝利して、第92代内閣総理大臣に就任。

 

 

20098月の衆議院議員選挙で自民党は民主党に惨敗して、9月に内閣総辞職。

 

 

以降も財政通の手腕を買われて、財務大臣などで入閣している。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 学習院高等科 偏差値70(現在)

 

麻生太郎さんの出身校は、私立の男子校の学習院高等科です。

 

同校は皇族や旧華族の子息などが進学する高校として知られています。

 

麻生さんが在籍した当時の偏差値は不明ですが、現在ほどでないにしろある程度のレベルであったはずです。

 

麻生塾小学校から小学校3年生の時に上京して学習院初等科に編入。

 

系列の学習院中等科から同校に内部進学しています。

 

麻生さんの学生時代の情報はほとんどありませんが、著書によれば中等科では145人中140番の成績で、自身を「劣等生だった」と書いています。

 

下の弟が極めて優秀でスポーツもできたことから、劣等感を抱いていたそうです。

 

【主な卒業生】

今上天皇

皇太子徳仁親王

鳩山由紀夫(政治家・元首相)

角野卓三(俳優)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:学習院大学 政治経済学部 偏差値不明

※政治経済学部は現在はなし

 

麻生太郎さんは高校卒業後は、系列の学習院大学に内部進学しています。

 

在籍した政治経済学部は1964年に終了しており、その後は法学部政治学科と経済学部に分かれており、当時の偏差値なども不明です。

 

大学卒業後はアメリカのスタンフォード大学大学院に留学しています。

 

当初は家業を継いで実業家として活動していましたが、39歳で政界に転身。

 

以降は政治家として順調にキャリアを重ねて、68歳で内閣総理大臣にまで上り詰めました。

 

麻生内閣はわずか1年ほどで総辞職しましたが、その後も財政の手腕を買われて、財務大臣などに起用されています。

 

人気の高い政治家だけに、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ