伊藤美誠の学歴と経歴|出身小中学校や高校の偏差値

 

伊藤美誠(いとう みま)

 

 

20001021日生

身長150㎝ 体重45

 

静岡県出身の卓球選手

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

両親ともに卓球選手で、2歳の頃から卓球をはじめる。

 

 

2011年に10歳で出場した全日本卓球選手権で1勝を挙げ、福原愛の最年少記録を塗り替える。

 

2012年に11歳でスペインオープンの予選を通過して、史上最年少で本戦に進出。

 

20143月に平野美宇とのダブルスで、ドイツオープンでワールドツアー初優勝。

 

 

同年12月のグランドファイナル女子ダブルスでも優勝。

 

20164月のリオデジャネイロオリンピックアジア予選女子シングルスで、世界女王の丁寧に勝利。

 

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、女子団体で銅メダルを獲得。

 

 

20181月の全日本選手権では、平野美宇との対決を制してシングルス初優勝を遂げた。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 昇陽高校 偏差値37(かなり容易)

 

伊藤美誠さんが入学したのは、私立の共学校の昇陽高校です。

 

同校は普通科にあたる進学コースのほか、パティシエや看護師などを目指す様々なコースを設置しており、伊藤さんの在籍コースは不明ですがどのコースも偏差値37程度です(特進は偏差値41

 

地元の磐田市立磐田北小学校から、系列の昇陽中学校(偏差値47)を経て同校に内部進学しています。

 

中学進学とともに関西卓球アカデミーを拠点としたために、より競技に専念しやすいよう昇陽中学校・高校に進学しました。

 

 

卓球選手としては小学生の頃より頭角を現して、中学生までに多くの最年少記録を更新。

 

高校時代も進化を遂げて、高校1年生で出場したリオデジャネイロオリンピックでは見事に団体戦で銅メダルを獲得しています。

 

さらにかつては「みうみまコンビ」で知られた平野美宇さんを破って、全日本選手権の女子シングルスでも初優勝。

 

現在はエースの石川佳純選手に次ぐ2番手の座を、平野さんらと争っています。

 

年齢を考えるとまだまだ進化するでしょうし、将来は日本女子卓球をけん引するような選手になる可能性もあります。

 

プレッシャーにも非常に強い選手なので、今後の大きな飛躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ