深田恭子の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と学生時代

人気女優として数多くのテレビドラマに主演する深田恭子さんの学歴や出身高校の偏差値などをご紹介します。学生時代のエピソードや驚きの特技なども併せてご紹介いたします

 

深田恭子(ふかだ きょうこ)

 

%e6%b7%b1%e7%94%b0

 

1982112日生

身長163

血液型はO型

 

東京都出身の女優、歌手

本名同じ、愛称は深キョン




 

経歴・プロフィールの詳細

 

14歳:1996年に、ホリプロのスカウトキャラバンでグランプリを受賞し芸能界入り(酒井彩名が審査員特別賞) 

15歳:1997年のドラマ「FiVE」で女優デビュー。 

16歳:1998年にアイドルユニット「HiP」に参加(翌年卒業)。 

16歳:同年の連続ドラマ「神様、もう少しだけ」の演技が好評で、複数の演技賞の新人賞を受賞。  

17歳:1999年の「鬼の棲家」で連続ドラマ初主演。 

17歳:同年に「最後の果実」で歌手デビューし、「イージー・ライダー」などのヒット曲をリリースするも、歌手としての活動は2002年まで。 

その後は「南くんの恋人」や「山おんな壁おんな」などの話題作のドラマに主演。 

「平清盛」や「セカンド・ラブ」などではヒロインを演じている。 

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

深田恭子さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる堀越高校です。

 

後述するように深田さんは中学時代に芸能界入りしているので、より幅広く活動するためにこの高校の芸能コースに進学しています。

 

高校時代は女優の加藤あいさんや俳優の藤原竜也さん(中退)、塚本高史さんらと同級生でした。

 

(高校時代)

 

また1学年上には女優の安達祐実さんが在籍しており、学校では安達さんを見るたびに感動したとインタビューで語っています。

 

「あとは『家なき子』の安達祐実さんも大好きでした。安達さんは、高校で1コ上の先輩だったんですよ。学校でお見掛けするたびに、感動してました。いまだにお仕事でご一緒すると、チラチラ見ちゃいます」

 

(高校時代の安達祐実)

 

高校1年生の時に金城武さん主演のテレビドラマ「神様、もう少しだけ」のヒロインを務めて女優として注目を集めています。

 

 

深田さん自身、このドラマに出演して多くのことを学んだとコメントしています。

 

「この作品は全てを教えてくれた現場でした。人生で一番怒られたかもしれないです(笑)。一番印象に残っているのは、助監督さんに言われた“代わりはいくらでもいる”という言葉。当時は、“それなら別の人が演じたらいいのに”ってひねくれちゃったりもしましたが(笑)。今はこの言葉のおかげで、“代わりはいる中でも、自分に役を振ってくれた”という真摯な気持ちで役と向き合えています」

 

そしてこのドラマの演技が評価されたことから、高校2年生の1月からは早くも連続ドラマ「イマジン」の主演に起用されています(黒木瞳とW主演)

 

 

そして高校3年生の時に出演した映画「死者の学園祭」では日本アカデミー賞新人賞を受賞して、以降は人気女優の階段を上っていきました。

 

 

また高校2年生の時にはレコード会社11社の争奪戦の末に、1stシングル「最後の果実」で歌手デビュー。

 

 

加えてあまり知られていませんが、深田さんは高校1年生から2年生にかけてアイドルユニット「HiP」のメンバーとして活動しています。

 

このユニットはスカウトキャラバンの出身者を中心に結成されていますが、深田さんが在籍していた当時はタレントの優香さんや新山千春さん、女優の酒井彩名さんもメンバーでした。

 

(左から優香、深田恭子、新山千春、酒井彩名、大森玲子)

 

深田さんは高校2年生の夏に卒業していますが、在籍中はラジオ番組やイベントなどにも出演しています。

 

また深田さんが在籍中にユニットはCDデビューも果たしていますが、さほどの売上にはなりませんでした。

 

 

ちなみに深田さんが卒業した後ですが、現在では人気女優の綾瀬はるかさんも「HiP」に在籍していました。

 

 

このように高校時代は女優、歌手、アイドル、グラビアなど、かなり多方面で活躍しています。

 

 

そのためか深田さんは高校卒業後は大学に進学していません

 

(高校卒業式の画像)

 

高校時代は非常に多くの仕事をこなしており、以降は芸能活動に専念することになります。

 

高校も芸能コースに在籍しているので、もともと進学する意思がなかったのかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:東京都 北区立王子中学校 偏差値なし

※現在は王子桜中学校

 

 

深田恭子さんの出身中学校は、地元北区内の公立校の王子中学校です。

 

後述するように深田さんは小学校時代は本格的に水泳をやっており、中学時代まで続けています。

 

また中学時代は音楽部に在籍しており部長も務めており、クラリネットとサックスを担当しています。

 

歌手の華原朋美さんの大ファンで、当時は歌手になるつもりでした。

 

そして中学2年生の時に「ホリプロスカウトキャラバン」に出場しています。

 

 

深田さんはスカウトキャラバンについては次のようにインタビューで語っています。

 

「知人の勧めで応募し必死に臨みましたけど、当時のことはほとんど覚えていないんです」

「審査当日に(先輩の)新山千春さんが優しく声を掛けてくださったことを覚えています」

 

芸能界入りのきっかけとなったスカウトキャラバンについてほとんど覚えていないというのは意外ですが、2万人近い応募者の中から見事にグランプリに輝いています。

 

 

グランプリに輝いた瞬間については次のように話しています。

 

「スポットライトを浴びたのもフラッシュを浴びたのも初めてだったんです。選ばれた瞬間は…その時はただ驚きましたね。うれしいと実感するのは、街中の人に作品見ましたって言われたときや何年もあとだったと思います」

 

これをきっかけに芸能界入りして、中学3年生の時にテレビドラマ「海峡」で女優デビューしています。

 

(中学時代の卒アル)

 

スポンサードリンク



 

 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:東京都 北区立柳田小学校

 

 

深田恭子さんの出身小学校は、地元北区の公立校の柳田小学校です。

 

家族構成は両親と6歳年下の妹の4人家族です。

 

 

父親の職業などは明らかになっていませんが、両親は躾や子育てに厳しく、子供の頃は妹のぶんまで連帯責任をとらされたことを話しています。

 

一方で家族仲は非常によく、現在でも恋愛の話を含めて両親に何でも話すそうです。

 

深田さんは2歳の頃から水泳をはじめて、後にアスリートを目指す選手コースにも在籍しており、オリンピックへの出場を目指していたほどでした(専門は平泳ぎ)。

 

 

当時のことに関しては次のようにインタビューで話しています。

 

「私は2歳から水泳をやっていて、途中から本格的な選手コースに入り、水泳漬けの毎日を送ってきたんです。なので水中にいるときは、まるで人が変わったように元気になります(笑)。逆に陸にいるときは運動が苦手で、もうコンプレックスの塊なんです。学生時代は、水に入れる夏だけ元気になるタイプでしたね」

 

ちなみにこのコメントにもあるように深田さんは水泳以外のスポーツや運動はすべて苦手でした。

 

また2010年には水泳にゆかりのある有名人として、日本スイミングクラブ協会の「ベストスイマー賞」を受賞しています。

 

加えて4歳の頃から中学生までピアノを習っており作曲ができるほどで、バラエティー番組「堂本兄弟」に出演した際にはその腕前を披露したこともあります。

 

 

また子供の頃から書道を習っており、特一段という段位を取得していると言われています。

 

 

このように深田さんは実は様々な特技を持っているすごい人で、女優としてもどんな役柄でも器用に演じ分けることができる理由もわかる気がします。

 

 

そして小学生時代はテレビドラマをたくさん見ていたことや福山雅治さんのファンだったをインタビューで明らかにしています。

 

「小学生のときが一番ドラマを見ていたんですが、当時は福山雅治さんが大好きで、福山さんが出ているドラマは欠かさず。ごくごく普通の小学生でしたね。なので、『ガリレオ』で福山さんと共演したときは、当時の憧れを思い出して緊張しました」

 

(ガリレオ・2007年 福山雅治と)

 

以上が深田恭子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビュー当初から演技派女優とされ注目を集め、その後は映画やテレビドラマの話題作に立て続けに起用され順調にキャリアを重ね、現在では不動の人気女優の地位も築きました。

 

Fighting Girl・2001年 出演者:ユンソナ、坂口憲二、平山あやほか)

(南くんの恋人・1994年 出演者:二宮和也、田辺誠一、宮地真緒ほか)

(下妻物語・2004年 出演者:土屋アンナ、篠原涼子、宮迫博之ほか)

(富豪刑事・2005年 出演者:夏八木勲、市毛良枝、山下真司ほか)

(ヤッターマン・2009年 出演者:櫻井翔、福田沙紀、生瀬勝久、阿部サダヲほか)

 

さらには数多くのCMにも出演してきました。

 

(ロッテ)

(メナード)

(UQモバイル:永野芽郁、多部未華子と共演)

(東京ガス)

 

既に30代半ばに突入していますが、未だに話題作の連続ドラマや映画に主演するほどの絶大な人気を誇っています。

 

またインスタグラムのフォロワー数が200万人を超えるなど、多くのファンから高い関心を集めています。

 

今後も主演作のドラマや映画は目白押しなので楽しみですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ