松岡修造の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

松岡修造(まつおか しゅうぞう)

 

 

1967116日生

身長188㎝ 85

 

東京都出身のタレント、元プロテニス選手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で姉と兄がおり、父親は東宝の元会長で母親は元宝塚女優。

 

1986年にプロテニス選手としてデビュー。

 

1992年のソウル・オープンで、日本男子史上初のシングルスでのツアー優勝を果たす。

 

 

 同年自己最高位のATPランキング(46位)を記録。

 

1995年のウインブルドンで、日本男子選手では62年ぶりとなるベスト8進出。

 

 

1998年にテニス選手を引退。

 

 

以降はタレントに転向し、「筋肉番付」や「くいしん坊!万才」などの番組に出演。

 

 

スポーツキャスターとしては、オリンピックの特番のMCにたびたび起用されている。

 

私生活では1998年にアナウンサーの田口恵美子と結婚し、娘2人と息子がいる。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 慶応義塾高校(転出) 偏差値75(超難関)

※柳川高校に転校(中退)、パーマー・アカデミー・ハイスクールを卒業

 

松岡修造さんが入学したのは、私立の男子校の慶応高校です。

 

同校は神奈川県でもトップクラスの進学校として知られ、卒業生のほとんどは慶応義塾大学などの難関大学に進学します。

 

松岡さんは慶應義塾幼稚舎(小学校)から、慶應義塾中等部を経て、同校に内部進学しています。

 

8歳の頃からテニスをはじめ、名門クラブなどで腕を磨いて、中学2年生の時には全国大会で優勝し頭角を現します。

 

勉強はあまり得意ではありませんでしたが、中等部の校長先生らはテニスを頑張るように励ましています。

 

しかし中学3年生で覚えた麻雀にハマってしまい、高校入学後はテニスへの情熱も薄れてしまいます。

 

そのため高校2年生でより厳しい環境を求めて、テニスの名門の福岡県・柳川高校(偏差値44)に転校します。

 

高校3年生の時には1年間休学してヨーロッパで武者修行をしています。

 

その後柳川高校は中退してしまいますが、18歳で渡米してフロリダのパーマー・アカデミー・ハイスクールに入学し直して卒業しています。

 

(高校時代)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

松岡修造さんは高校卒業後は大学などには進学していません。

 

当初は大学に進学するつもりで、親にもアメリカの大学に進学することを条件に渡米しています。

 

ところが腕試しのつもりで出場したプロの大会で好成績を記録すると、コーチからプロ転向を勧められて、悩んだ末に大学進学を断念してプロ転向を決意しています。

 

以降の活躍は目覚ましく、日本男子選手としては史上初のツアー優勝など、錦織圭選手が登場するまでは数多くの記録も保持していました。

 

タレントに転向してからは爽やかなイメージとは裏腹の熱血漢ぶりで人気を集めて、多くのテレビ番組に出演しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ