佐伯日菜子の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

佐伯日菜子(さえき ひなこ)

 

 

1977216

身長160

 

奈良県出身の女優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

1994年に映画「毎日が夏休み」で女優デビューし、この作品の演技で日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

 

1995年の主演作「美人三人姉妹温泉芸者が行く」でドラマ初出演。

 

1997年に出演したテレビドラマ「エコエコアザラク」で注目される。

 

 

1999年の主演作「ファンレターズ」で舞台初出演。

 

以降も「ガラスの仮面」や「アナザヘブン」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

「ギプス」や「アサルトガールズ」、「日本零年」などの映画に主演している。

 

「ポンキッキーズ」や「生でダラダラいかせて!」、「世界ウルルン滞在記」などの番組にも出演。

 

私生活では2002年にプロサッカー選手の奥大介と結婚して2人の娘を出産したが、夫のDVが理由で2013年に離婚。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 日本音楽高校 音楽科 偏差値43(容易)

 

佐伯日菜子さんの出身校は、私立の女子校の日本音楽高校です。

 

同校は1903年設立の日本最古の伝統ある音楽学校です。

 

また数多くの芸能人を輩出していることで知られています。

 

佐伯さんは高校2年生で女優デビューを果たすと、いきなりデビュー作の演技でアカデミー賞新人賞を受賞。

 

高校3年生の時には映画とテレビドラマに主演しており、高校時代の後半はかなり仕事で忙しかったはずです。

 

なお佐伯さんの学生時代の情報は、ほとんどありません。

 

【主な卒業生】

工藤静香(歌手・中退)

栗山千明(女優)

深津絵里(女優・転出)

泉ピン子(タレント・中退)

島倉千代子(歌手)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

佐伯日菜子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校時代に期待の若手女優のひとりとなったことから、高校卒業後は出演作が目白押しとなります。

 

その後はテレビドラマよりも映画に重点を置いた女優活動を展開し、様々な作品に出演。

 

育児のために出演をセーブしたこともありましたが、現在まで精力的に活動しています。

 

現在でも主演映画が制作されるほど根強い人気を誇っており、今後のさらなる飛躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ