黒川智花の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

黒川智花(くろかわ ともか)

 

 

198981日生

身長161

 

東京都出身の女優

本名は黒川智子(結婚前)

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で弟がいる。

 

2001年に少女雑誌「リボン」のモデルグランプリに選ばれて芸能界入り。

 

2002年の「週刊少年サンデー」でグラビアデビュー。

 

同年のテレビドラマ「夏なんていらねえよ、夏」で女優デビュー。

 

2003年に出演したNHKの朝ドラ「こころ」で注目される。

 

 

2005年の主演作「8.1」でスクリーンデビュー。

 

 

同年の「雨と夢のあとに」で連続ドラマ初主演。

 

 

2008年の「君の心臓の鼓動が聞こえる場所」で舞台初出演。

 

以降も「ブラッディ・マンデイ」や「梅ちゃん先生」、「ラストコップ」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

20153月に一般人男性と結婚した。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

黒川智花さんの出身校は、芸能人御用達で知られる堀越高校です。

 

小学校6年生でモデルデビューして、中学生の頃には既に女優やグラビアなどで活躍。

 

そのため高校はより幅広く芸能活動ができるよう、同校の芸能コースに進学しています。

 

堀越高校では薮宏太さんや柳楽優弥さん、小林涼子さんらと同級生でした。

 

高校時代の情報は皆無で高校生活の詳細なども不明ですが、高校時代も多くの作品に出演しており、仕事中心の高校時代だったようです。

 

(高校時代)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:亜細亜大学 経営学部 偏差値45(やや容易)

 

黒川智花さんは高校卒業後は、亜細亜大学に進学しています。

 

一般入試ではなく、AO入試での進学です。

 

大学時代も数多くのテレビドラマや映画に出演していますが、大学はキッチリと4年間で卒業しています。

 

大学入学以降は脇役での出演が増えていきますが、話題作の連続ドラマやSPドラマなどに多数起用されています。

 

またかつては清純派で鳴らしましたが、このところは悪役やクセのある役どころも演じるなど、幅広い演技力で定評を得ています。

 

年齢的にも女優として円熟期を迎えますから、今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ