吉田沙保里の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

吉田沙保里

 

%e5%90%89%e7%94%b0%e6%b2%99%e4%bf%9d%e9%87%8c

 

1982105日生

身長157

 

三重県出身のレスリング選手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末娘で、兄が2人いる。

 

3歳からレスリングをはじめ、2000年と2001年の世界ジュニア選手権を連覇。

 

2004年に山本聖子を退けてアテネオリンピックの代表になると、

金メダルを獲得。

 

%e5%90%89%e7%94%b0%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%8d

 

2008年の北京オリンピックで連覇を達成する。

 

2012年のロンドンオリンピックで3連覇を達成し、「霊長類最強女子」の

ニックネームで呼ばれる。

 

同年11月に国民栄誉賞を授与される。

 

2016年のリオオリンピックでは、決勝で惜しくも敗れ銀メダルに終わる。

 

2020年の東京オリンピックを目指し現役を続行するとともに、

日本女子代表のコーチに就任した。

 

世界大会16連覇、個人戦連勝206などの偉大な記録を打ち立てた。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:三重県 久居高校 偏差値41(容易)

 

吉田沙保里さんの出身校は、県立の共学校の久居(ひさい)高校です。

 

吉田さんは3歳の頃から父親で元レスリング選手の栄勝さんが開いた道場

「一志ジュニア」でレスリングの鍛錬を積みます。

 

高校時代には既に国内には敵なしで、3年生の時には世界ジュニア選手権を

制覇するなど国際的なジュニア選手として活躍しています。

 

高校時代はひたすらレスリングの日々と思いきや、卒業までに同じ人に6回告白して、

すべて断られています。

 

このあたりにはけた外れの根性を感じますし、どんな状況でも諦めない精神力は

さすがですね。

 

%e5%90%89%e7%94%b0%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:中京女子大学 健康科学部 偏差値48(やや容易)

※現在は至学館大学

 

吉田沙保里さんは高校卒業後は、レスリングの名門大学として知られる

中京女子大学(現至学館大学)へ進学します。

 

吉田さんのほか、伊調馨選手や土性沙羅選手、川井梨紗子選手ら金メダリストも

この大学の出身です。

 

同大の2年生だった時に世界選手権を制して以来、15年間にわたり女王として

レスリング界に君臨してきました。

 

また4年生の時にははじめてオリンピックで金メダルを獲得するなど、

彼女の伝説は大学時代からはじまっています。

 

リオオリンピックではまさかの銀メダルに終わりましたが、本人も

東京オリンピックを目指すことを公言していますので、選手としても

完全燃焼をしてもらいたいですね。

 

またバラエティ番組などでも恋人を募集していましたが、

プライベートでも幸せになってほしいものです。

 

ちなみに吉田さんは現在は同大学の副学長も務めています。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ