高橋英樹の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

高橋英樹(たかはし ひでき)

 

 

1944210日生

身長181

 

千葉県出身の俳優、タレント

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの末っ子で、姉2人と兄がいる。

 

1961年に日活ニューフェイス5期として芸能界入りし、同期に中尾彬がいる。

 

同年の映画「高原児」で俳優デビュー。

 

1962年に事故死した赤木圭一郎の代役として、映画「激流に生きる男」に主演格として出演。

 

 

1963年の映画「伊豆の踊子」で吉永小百合の相手役を務める。

 

 

同年から出演した映画「男の紋章シリーズ」で任侠映画のスターとなる。

 

1971年に日活を退社して、以降はテレビドラマ中心に出演。

 

1976年から主演した「桃太郎侍」は当たり役となる。

 

 

以降も「遠山の金さん」や「三匹が斬る」などに出演。

 

タレントとしても活動しており、「目撃!ドキュン」や「やまだかつてないテレビ」、「おもいっきりDON!」などにレギュラー出演。

 

私生活では1974年に女優の小林亜紀子と結婚し、長女は高橋真麻。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉県 市川高校 偏差値70(現在)

 

高橋英樹さんの出身校は、私立の男子校の市川高校です。

 

同校は現在では千葉県内でも屈指の進学校として知られており、これまで政財界に多くの人材を輩出してきました。

 

高橋さんが在籍した当時は偏差値はありませんでしたが、現在ほどではないにしろ当時から進学校でした。

 

千葉市立検見川小学校から千葉市立緑町中学校を経て、同校に進学しています。

 

学業の成績は優秀で、高校時代は映画部を設立しており既に俳優志望でした。

 

高校3年生の時に日活ニューフェイスに合格して、俳優デビューしています。

 

(高校時代) 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:日本大学 芸術学部演劇学科(中退) 偏差値50(現在)

 

高橋英樹さんは高校卒業後は、日本大学芸術学部に進学しています。

 

大学1年生の時には、大部屋を経験せずにいきなり役付きで映画に出演。

 

その後も順調にスターへの階段を上って行ったため、大学は中退してしまっています。

 

以降の活躍は周知の通りで、長らく映画やドラマで時代劇のスター俳優として君臨してきました。

 

最近ではタレント活動にも積極的で、多くのバラエティー番組にも出演しています。

 

愛娘の真麻さんとの共演でも人気を集めていますから、今後の活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ