忍成修吾の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 忍成修吾(おしなり しゅうご)

 

 

198135日生

身長173

 

千葉県出身の俳優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、姉が2人いる。

 

当初は「Popteen」や「東京ストリートニュース」などの読者モデルを務める。

 

1998年にモデルとして芸能界入り。

 

1999年にテレビドラマ「天国に一番近い男」で俳優デビュー。

 

同年の「GTO」で映画初出演。

 

 

2001年に出演した映画「リリイ・シュシュのすべて」の演技で注目される。

 

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「夜王」や「有閑倶楽部」、「軍師官兵衛」など。

 

 

「バトルロワイアルⅡ」や「Life」、「雷桜」などの映画にも出演している。

 

 

倖田來未や浜崎あゆみ、NMB48などのミュージックビデオにも出演している。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉経済大学附属高校(中退) 偏差値45(当時)

 

忍成修吾さんの出身校は、私立の共学校の千葉経済大学附属高校です。

 

同校はスポーツが盛んで、特に硬式野球部は多くのプロ野球選手を輩出しています。

 

また現在は特進コース(偏差値59)などを設置して進学率も向上していますが、忍成さんが在籍時にはそのようなコースはありませんでした。

 

千葉市立みつわ台中学校から同校に進学しています。

 

高校時代から読者モデルとして活動しており、高校3年生の時に芸能界入りをしています。

 

理由などは不明ですが、高校は卒業せずに中退してしまっています。

 

そのため大学や専門学校などにも進学していません。

 

その後に俳優に転向すると様々な作品に起用されることになりますが、実は20代後半に役者の仕事に行き詰って、自分を開拓するためにも工事現場の足場組みのアルバイトをおこなっています。

 

その時の現場仲間の励ましなどが、役者を続ける上でも刺激になったそうです。

 

忍成さんは悪役やクセのある役柄を演じることが多いことで知られていますが、その高い演技力で多くの作品を盛り上げています。

 

貴重な演技派のバイプレーヤーだけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ