蛭子能収の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

蛭子能収(えびす よしかず)

 

 

19471021日生

身長174

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、兄と姉がいる。

 

1973年に漫画ガロでデビュー。

 

1970年代後半には不条理漫画の作風を確立しする。

 

1980年代中ごろに柄本明から劇団東京乾電池のポスターを依頼されたことがきっかけで、同劇団の公演に出演する。

 

1987年からは「笑っていいとも!」の曜日レギュラーを務める。

 

以降はタレント活動がメインとなって、「スーパージョッキー」や「平成教育委員会」、「バイキング」などに出演。

 

 

俳優としても活動しており、「教師びんびん物語Ⅱ」や「じゃじゃ馬ならし」、「義経」などのテレビドラマに出演。

 

2016年に「任侠野郎」で映画初主演。

 

 

私生活では最初の妻との間に一男一女をもうけるも2001年に死別。

 

2007年に19歳年下の女性と再婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長崎商業高校 偏差値51(普通・現在)

 

蛭子能収さんの出身校は、市立の共学校の長崎商業高校です。

 

同校は1885年設立の伝統校で、県内では硬式野球部が古豪として知られています。

 

長崎市立戸町小学校から長崎市立戸町中学校を経て、同校に進学しています。

 

蛭子さんが在学した当時は偏差値という概念もありませんでしたが、現在よりもレベルは低かったことが推測されます。

 

中学生の頃は剣道部に入部していますが、スポーツが苦手だったことから半年あまりで退部しています。

 

中学生の頃はいじめられっ子で、不良グループに強制的に入らされてイジメを受けていました。

 

高校時代は美術クラブで、当時はグラフィックデザイナーを志していました。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

蛭子能収さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、地元の看板屋に就職しています。

 

看板店には4年半勤務していましたが、同僚が主宰する漫画サークルに入会したことがきっかけに漫画家を目指すことを決意。

 

23歳の時に上京して本格的に漫画を目指すと、26歳で漫画雑誌ガロに入選してデビューを果たします。

 

その後はタレントにシフトすると、独特の味のあるキャラクターで人気者となって、多くのテレビ番組に出演しています。

 

現在でも高い人気を誇っているだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ