水谷隼の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

水谷隼(みずたに じゅん)

 

 

198969日生

身長172㎝ 体重63kg

 

静岡県出身の卓球選手

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で、兄と妹がいる。

 

5歳から父親が代表を務める豊田町卓球スポーツ少年団で卓球をはじめる。

 

小学校1年生で全日本卓球選手権バンビの部で準優勝して、本格的に卓球に取り組む。

 

20041月の全日本卓球選手権ジュニアの部で優勝。

 

 

2005年には1510か月の男子史上最年少で世界選手権の日本代表に選出。

 

2006年に史上最年少の177か月で全日本卓球選手権に優勝。

 

2008年の北京オリンピックに出場して団体5位となる。

 

 

2012年のロンドンオリンピックでは男子シングルスで第3シードになったが、4回戦で敗退。

 

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを獲得し、日本選手としてはシングルス初のメダルを獲得。

 

 

私生活では2013年に7年間交際した一般人女性と結婚し、翌年に長女が誕生。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:青森山田高校 スポーツコース 偏差値38(かなり容易)

 

水谷隼さんの出身校は、私立の共学校の青森山田高校です。

 

同校はスポーツの強豪校として知られ、多くのJリーガーやプロ野球選手を輩出。

 

卓球部も全国的な強豪で、福原愛選手もOGです。

 

水谷さんは静岡県出身ですが、練習環境などを考えて青森山田中学校(偏差値48)に転校し、同校に内部進学しています。

 

男子では史上初となる中学生で全日本代表入りした水谷さんですが、高校時代もさらに成長を遂げて、高校2年生でこれまた史上初となる全日本選手権の最年少優勝をしています。

 

高校時代も世界を転戦しており、卓球漬けの高校生活でした。

 

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:明治大学 政治経済学部 偏差値64(やや難関)

 

水谷隼さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

同校の卓球部は名門で、スポーツ推薦での入学です。

 

大学1年生の時には早くもオリンピックの代表選手に選出され、北京オリンピックに出場しています。

 

大学3年生の時には史上初となる全日本選手権シングルス5連覇を達成。

 

以降も男子のエース格として活躍して、リオデジャネイロオリンピックでは日本卓球界の悲願とも言えるシングルスでのメダル獲得の快挙を成し遂げています。

 

ケガなどがなければ東京オリンピックのメダル候補となるはずですから、今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ