土性沙羅の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

土性沙羅(どしょう さら)

 

 

19941017日生

身長159㎝ 体重69kg

 

三重県出身のレスリング選手

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で、姉と弟がいる。

 

7歳の時に吉田沙保里の父親が主宰するレスリング道場「一志ジュニア」に入門する。

 

 

小学校4年生の時から全国少年少女選手権を3連覇。

 

2010年に世界ジュニアで優勝。

 

同年から2011年にかけて全日本レスリング選手権を2連覇。

 

2013年に世界選手権の初代表となり、銅メダルを獲得。

 

2014年のワールドカップとアジア選手権に優勝するが、世界選手権では準優勝に留まる。

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、五輪初出場で金メダルを獲得。

 

 

同年11月に紫綬褒章を受章。

 

同年の全日本選手権では1ポイントも落とさずに圧勝して6連覇を達成。

 

2017年の世界選手権に優勝。

 

週刊現代でグラビアを披露したこともある。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:至学館高校スポーツサイエンス 偏差値48(やや容易)

 

土性沙羅さんの出身校は、愛知県の私立の共学校の至学館高校です。

 

同校は前身の中京女子大学附属高校時代から部活動が盛んで、特に女子レスリング部は全国的な強豪として知られています。

 

伊調馨さんや川井梨紗子さん、登坂絵莉さんらの金メダリストも同校の卒業生です。

 

土性さんは松坂市立鎌田中学校から同校に進学して、スポーツサイエンスコースに在籍しています。

 

小学生の頃から全国的に名の知られた強豪でしたが、中学生でも全国中学生選手権で2連覇を達成。

 

高校時代も選手として大きく成長し、高校2年生で早くも全日本選手権で優勝を飾っています。

 

また高校生の間では負けなしで、高校選手権では1年生の時から3連覇を記録しています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:至学館大学 健康科学部 偏差値43(容易)

 

土性沙羅さんは高校卒業後は、系列の至学館大学に内部進学しています。

 

大学でもレスリング部に所属しており、大学1年生の時にはじめて世界選手権の日本代表に選ばれています。

 

そして大学4年生の時のリオデジャネイロオリンピックで、五輪初出場で金メダルを獲得する快挙を成し遂げています。

 

その後はさらなる進化を遂げて、もはや世界にも敵なしの状況です。

 

年齢的にも実力的にも東京オリンピックでは、金メダルの有力候補になるはずですから、今後の大きな活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ