須藤理彩の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

須藤理彩(すどう りさ)

 

 

1976724日生

身長165

 

神奈川県出身の女優、タレント

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

2人姉妹の妹で2歳年上の姉がいる。

 

1995年にアミューズ主催のオーディションに合格して芸能界入り。

 

1996年の映画「アトランタ・ブギ」で女優デビュー。

 

1997年の「ガラスの仮面」でテレビドラマ初出演。

 

1998年のNHKの朝ドラ「天うらら」のヒロインに抜擢されてブレイク。

 

 

2000年の「カノン」で初舞台。

 

2003年の「ハート・オブ・ザ・シー」で映画初主演。

 

 

以降も「電車男」や「斉藤さん」、「救命病棟24時」などの人気の連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

2008年から情報番組「はなまるマーケット」の曜日レギュラーを務めた(20103月まで)

 

私生活では2006年にミュージシャンの川島道行と結婚し二人の娘を出産するも、2016年に夫が脳腫瘍で死去。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 旭高校 偏差値46(やや容易)

 

須藤理彩さんの出身校は、県立の共学校の旭高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にサッカー部は強豪として知られています。

 

須藤さんは横浜市立希望が丘中学校から同校に進学しています。

 

中学・高校時代は陸上部に所属して、短距離走で活躍。

 

高校2年の時には200mの神奈川県大会で優勝し、インターハイの準決勝まで進出するほどの活躍ぶりでした。

 

当時の夢はオリンピックに出場することでしたが、練習中のケガによって選手生命を絶たれています。

 

なお同校に在学中は、1学年上に女優の米倉涼子さんが在籍していました。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

須藤理彩さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

高校を卒業した年に、姉が芸能事務所のオーディションに応募したことがきっかけで芸能界入り。

 

そしてデビューから3年目でNHKの朝ドラのヒロインを務めたことで、全国的な人気を集めます。

 

以降も女優として着実にキャリアを重ね、多くのテレビドラマや映画に出演。

 

主演作こそ少ないものの、わき役として数多くの作品を盛り上げています。

 

夫を脳腫瘍で亡くすという不幸にも見舞われましたが、未だに根強い人気を誇るだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ