原千晶の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

原千晶(はら ちあき)

 

 

1974427日生

身長165

 

北海道出身のタレント、女優

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で3歳年下の弟がおり、アナウンサーの安住紳一郎は従兄。

 

1994年に「クラリオンガール」に選出されて芸能界入り。

 

 

当初はタレント活動が中心で、深夜番組「ワンダフル」のMCなどを務める。

 

 

1997年の映画「失楽園」で女優デビュー。

 

1998年の「WITH LOVE」でテレビドラマ初出演。

 

2003年の「またのお越しを」でドラマ初主演。

 

以降も「純情きらり」や「母親失格」、「ママはニューハーフ」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

2006年から情報番組「ラジかるッ」のレギュラーを務める。

 

以降も「ひるおび!」や「あさイチ」、「ゆうどきネットワーク」などの情報番組に出演している。

 

 

2010年にプロデューサーの男性と結婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 北豊島高校 偏差値44(容易)

 

原千晶さんの出身校は、私立の女子高の北豊島高校です。

 

同校は通信制を併設しており芸能人の卒業生もいますが、原さんは全日制を卒業しています。

 

幼少期から父親の転勤に伴って各地を転々としており、北九州市立日明小学校と川越市立高階西中学校を卒業。

 

当初は私立の女子高(当時)の淑徳巣鴨高校に進学しましたがイジメが原因で1年生で中退して、同校に入学し直しています。

 

学生時代は剣道をやっておりスポーツが得意で、かなり活発な女子だったようです。

 

【主な卒業生】

大原麗子(女優)

平愛理(女優・通信制)

山川恵里佳(タレント・通信制)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

原千晶さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

20歳の時に女性タレントの登竜門であったクラリオンガールに選出されて、一躍注目を集めました。

 

以降はタレントや女優として活動しており、数多くの作品や番組にも出演。

 

31歳の時に子宮がんと診断されて芸能活動を休止して治療に専念。

 

その甲斐もあって、芸能活動を再開できるほどになりました。

 

芸能活動以外にもがんに対する啓もう活動や講演などもおこなっていることから、末永い活躍を期待したい限りです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ