高橋一生の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

高橋一生

 

%e9%ab%98%e6%a9%8b

 

1980129日生

 

東京都出身の俳優

身長175

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

10歳の頃から子役として活動しており、1990年の映画

「ほしをつぐもの」で俳優デビュー。

 

 

その後も「金八先生」や「新選組!!」など、かなり多くの

ドラマや映画に出演する。

 

2001年に六角精児さんらが所属する劇団「扉座」に入団し、

舞台「フォーティンブラス」でデビュー。

 

2003年にハリウッド映画「キル・ビルVol.1」に出演。

 

 

2004年の「怪奇大家族」でドラマ初主演。

 

 

その他にも「名前をなくした女神」や「信長協奏曲」、

民王」などの話題作にも出演。

 

映画では2016年公開の「Blank13」で初主演。

 

これらに加えて、毎年コンスタントに舞台に出演していることで

知られる。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

高橋一生さんの出身校は、芸能人御用達の高校で知られる堀越高校。

 

芸能活動を広くおこなえるように、トレイトコースに通っていました。

 

港区立赤坂小学校から世田谷区内の公立中学校を経て、

同校に進学しています。

 

堀越高校時代には同級生にV6の岡田准一さんがおり、

当時からふたりは大親友でした。

 

また1学年上にはKinki Kidsの堂本剛さんも在籍していました。

 

高橋さんの高校時代のエピソードはほとんどありませんが、

ちょうど子役から若手俳優になる頃で、かなり多数のドラマや映画に

出演していることから、ほぼ仕事中心の生活だったようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

高橋一生さんは高校卒業後は大学に進学せずに、

俳優活動に専念します。

 

10代の頃から人気子役として活動し、高校卒業時には

期待の若手俳優のひとりとなっていましたから、

当初から大学進学は念頭になかったようですね。

 

主演作こそ少ないですが、現在も実力派俳優として数多くの作品に

バイプレーヤーとして出演しています。

 

また2015年に出演した「民王」の演技が好評でしたし、

2016年の「Blank13ではデビュー16年目にして

初の映画主演を果たしました。

 

今後も引き続き露出は増えていきそうなので、注目ですね。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ