金山一彦の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

金山一彦(かなやま かずひこ)

 

 

1967816日生

身長175

 

大阪府出身の俳優、タレント

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子。

 

1985年のテレビドラマ「気になるあいつ」で俳優デビュー。

 

1987年のドラマ「おヒマなら来てよネ!」で、中山美穂の相手役を務めて注目される。

 

 

同年の「シャコタン☆ブギ」で映画初出演。

 

 

以降は数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「飛ぶが如く」や「代紋TAKE2シリーズ」、「三匹のおっさん3」など。

 

「稲村ジェーン」や「ふうせん2」、「首領への道」などの映画にも出演している。

 

私生活では1996年にタレントの芳本美代子と結婚し、2001年に娘が誕生したが2013年に離婚。

 

 

2014年に弁護士でタレントの大渕愛子と結婚し、2人の息子が誕生している。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府内の高校(中退・校名等不明)

 

金山一彦さんが入学した高校は、わかっていません。

 

大阪市立豊崎中学校から高校に進学していますが、高校1年生の時に教師とケンカをして高校は中退してしまっています。

 

 

小学校時代はリトルリーグに所属して野球をやるなど、スポーツは得意だったようです。

 

高校を中退後は中華料理店などに勤務しており、そのため料理は得意で、後に料理番組への出演やレシピ本などの出版に役立っています。

 

10代後半で地元の大阪市から上京していますが、最初に住んだマンションの下の部屋にたまたま吉川晃司さんが住んでおり、吉川さんのマネージャーを通じて売り込んで芸能界入りを果たしています。

 

18歳で俳優デビューした後は、数えきれないほどの作品に出演。

 

ほとんどが脇役ですが、人気の連続ドラマや話題の映画にも多数出演してきました。

 

またタレントとしても活動しており、こちらでも数多くの番組に出演して人気を博しています。

 

20153月からは芸能活動を休止して引退とも報じられましたが、2016年に復帰しています。

 

現在でも根強い人気を誇るだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ