保阪尚希の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

保阪尚希(ほさか なおき)

 

 

19671211日生

身長180

 

静岡県出身の俳優、タレント

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの兄で4歳年下の妹がいる。

 

1985年に「レッツゴーヤング」のサンデーズの一員としてデビュー。

 

1986年のドラマ「チェッカーズ・イン・涙のリクエスト」で俳優デビュー。

 

同年に出演した連続ドラマ「この子誰の子?」で注目される。

 

 

1987年の「名門!多古西応援団」で映画初出演。

 

1992年に出演した映画「パ★テ★オ」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

以降は多数の作品に出演し、福山雅治や萩原聖人とともに「新・平成御三家」と呼ばれ人気を博す。

 

1994年の「夢見る頃を過ぎても」でドラマ初主演。

 

 

テレビドラマの代表作は「家なき子」や「サラリーマン金太郎シリーズ」、「夜王」など。

 

 

近年はダイエットや健康器具、家電などの通信販売を手掛ける実業家として活躍。

 

 

私生活では一般女性と離婚後、1996年に女優の高岡早紀と結婚して2児をもうけるも、20046月に離婚。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:明治大学附属中野高校 定時制 偏差値40(当時)

 

保阪尚希さんの出身校は、明大中野高校定時制です。

 

同校の定時制は広く芸能活動を認めていたことから、2003年に廃止されるまで堀越高校と並び多くの芸能人の卒業生を輩出してきました。

 

静岡市立伝馬町小学校から静岡市立城内中学校を経て、同校に進学しています。

 

保阪さんは小学校1年生の時に両親が自殺して、以降は祖父母に引き取られて育てられています。

 

家計を助けるために中学生の時からアルバイトをはじめるなど、学生時代はかなりの苦労をしています。

 

中学時代から同級生とバンドを組んでいました。

 

高校時代はボクシングをはじめて、当時はかなりケンカが強かったそうです。

 

高校3年生の時に、NHKの音楽番組の「レッツゴーヤング」のバックダンサーのサンデーズの一員として芸能活動をスタートさせています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

保阪尚希さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

19歳の頃から俳優デビューを果たすと、多くのドラマや映画に出演して、20代前半で売れっ子の若手俳優としての地位も築いています。

 

以降も俳優として順調にキャリアを重ね、最盛期には「新・平成御三家」と呼ばれてブレイクを果たしています。

 

近年は芸能活動よりも実業家としての活動にウェイトを置いており、年商10億円を超えるほどの成功を掴んでいます。

 

何かと話題の多い人物だけに、今後の活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ