佐藤綾乃(スケート)の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

佐藤綾乃(さとう あやの)

 

 

19961210日生

身長157

 

北海道出身のスピードスケート選手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で兄と弟がいる。

 

中学3年生の時に全国中学校スケート大会で1500mと3000mで優勝。

 

2013年の全日本ジュニアで総合2位となる。

 

201415年はジュニアワールドカップのチームすプリントを連覇。

 

2017年のW杯ヘーレンフェイン大会で女子マススタートと団体パシュートで初優勝。

 

 

平昌オリンピックの代表にも選出され、団体パシュートのほか、3000mでもエントリーしている。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:北海道 釧路北陽高校 偏差値48(やや容易)

 

佐藤綾乃さんの出身校は市立の共学校の釧路北陽高校です。

 

同校はスピードスケート部やアイスホッケー部が名門として知られ、オリンピック出場選手も輩出しています。

 

佐藤さんは厚岸町立真龍中学校から同校に進学しています。

 

中学時代に全国大会を制して頭角を現して、同校でもスピードスケート部に入部しています。

 

高校時代もスケート選手として成長を続け、高校1年生の時には全日本ジュニアでいきなり総合2位に食い込みます。

 

そのため高校1年生の時から海外のジュニア大会に出場しており、高校2年生の時にはチームスプリントで優勝も経験しています。

 

高校3年生の時にはジュニアワールドカップの3000mで優勝するなど、大きな飛躍を遂げています。

 

【主な卒業生】

木之元亮(俳優)

カルーセル麻紀(タレント・中退)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:崎健康福祉大学 人間発達学部 偏差値37(かなり容易)

 

佐藤綾乃さんは高校卒業後は、群馬県の私立大学の高崎健康福祉大学に進学します。

 

一般受験ではなくスポーツ推薦による進学です。

 

大学ではこども教育科に所属するとともに、スケート部にも入部しています。

 

大学入学後もスケート選手として進化を続け、ワールドカップの日本代表になって海外を転戦。

 

20歳の時に団体パシュートとマススタートで初優勝を遂げるなど、有力な若手選手に挙げられるほどになります。

 

平昌オリンピックにも選出されており、大舞台での活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ