清水ミチコの学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

清水ミチコ

 

%e6%b8%85%e6%b0%b4

 

1960127日生

身長162

 

岐阜県出身のお笑いタレント

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

ふたりきょうだいの長女で、11歳年下の弟がいる。

 

1983年にラジオ番組「クニ河内のラジオギャグシャッフル」の

構成作家兼出演者となりデビュー。

 

1986年からライブをおこなうようになり、翌年の新人発掘番組

冗談画報」でテレビ初出演を果たす。

 

女性芸能人のモノマネで注目され、1987年の「笑っていいとも!」の

出演をきっかけにブレイクする。

 

1988年のドラマ「まんがで読む枕草子」で女優デビュー。

 

その後も「夢で逢えたら」「浅草橋ヤング洋品店」、「テレビ探偵団」などの

人気バラエティー番組に数多く出演。

 

その傍らで女優業もおこなっており、これまで「ハートに火をつけて!」や「

ちゅらさん」、「はぐれ刑事純情派」などの人気作に出演している。

 

私生活では1987年にディレクターの坂田幸臣と結婚し、翌年に長女を出産している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岐阜県 高山西高校 偏差値53(普通)

 

清水ミチコさんは私立の共学校の高山西高校です。

 

上記の偏差値は現在のものですが、清水さんが在籍していた当時の同校は、

名うての「不良学校」として知られており、偏差値もかなり低かったようです。

 

その後の生活指導の徹底などで校風も改善され、現在は進学コースを設け、

難関大学にも合格する生徒を輩出しています。

 

清水さんは同校在籍時に百人一首クラブに所属していました。

 

また実家は果物屋兼駄菓子屋で、喫茶店なども手広く経営しており、

高校時代は実家の喫茶店でアルバイトをしていました。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:文教大学女子短期大学部 家政科 偏差値40(容易)

 

清水ミチコさんは高校卒業後は、神奈川県の文教大学女子短大に進学します。

 

同大在籍時には家庭科の教員免許を取得しています。

 

大学時代にはテニス部に所属する傍ら、ラジオ番組にネタを投稿

するようになり、「タモリのオールナイトニッポン」などに採用されました。

 

そのためお笑いタレントを目指すことになりますが、知人のツテで

ラジオ番組に出演できるようになります。

 

その後は彼女の代名詞となったモノマネで人気を博し、わずか4年後に

「笑っていいとも!」のレギュラーとなる快挙を遂げました。

 

その後の活躍は周知の通りで、長きにわたって「好きな女性タレント」

の上位に君臨しています。

 

現在でも数多くのバラエティー番組に出演していますが、

末永い活躍を期待したいです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ