鬼塚雅の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

鬼塚雅(おにつか みやび)

 

 

19981012日生

身長158㎝ 体重47kg

 

熊本県出身のスノーボード選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人姉妹の姉。

 

5歳の時から福岡市内の室内練習場でスノーボードをはじめる。

 

小学校1年生の時に初出場した全国大会で優勝。

 

2012年のヨーロピアン・ジュニアOPで優勝。

 

2014年のFIS全日本スキー選手権スノーボードスロープスタイルで優勝。

 

2015年に世界選手権の女子スロープスタイルで、史上最年少の16歳で金メダルを獲得。

 

 

同年の「Winter Games NZ」でも優勝を飾り、文部科学大臣顕彰を受賞。

 

2016年にテレビ朝日ビッグスポーツ賞新人賞を受賞。

 

 

2017年のスノーボード世界選手権で3位。

 

2018年平昌オリンピックに出場。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:熊本県 ルーテル学院高校 偏差値5156

 

鬼塚雅さんの出身校は、私立の共学校のルーテル学院高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にサッカー部は県内では強豪として知られています。

 

また同校は特進(偏差値56)、総合(同53)、芸術(同51)の3つのコースを設置していますが、鬼塚さんがどのコースに在籍していたかは不明です。

 

熊本市立清水小学校から系列のルーテル学院中学校(偏差値47)経ての内部進学です。

 

鬼塚さんは小学生の頃からスノーボーダーとして頭角を現して、中学生の頃には早くも世界中を転戦しています。

 

高校1年生の時に史上最年少で世界選手権を制しており、高校時代は選手としてもかなりの進化を遂げています。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

森高千里(歌手・転出)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:早稲田大学 スポーツ科学部 偏差値60(やや難関)

 

鬼塚雅さんは高校卒業後は、早稲田大学に進学しています。

 

一般受験ではなく、トップアスリート入試での進学です。

 

同大はウィンタースポーツの名門で、同じく平昌オリンピックに出場するスキー複合の渡部暁斗選手も出身者です。

 

現在も同大に在学中ですが、既にスポンサーもつくなどしており、日本を代表する女子スノーボーダーとして活躍中です。

 

初出場となる平昌オリンピックでの活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ