倉木麻衣の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

倉木麻衣

 

%e5%80%89%e6%9c%a81

 

19821028日生

身長164

 

千葉県出身の歌手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

小学生のころに歌手を志し、中学生の時にデモテープを

レコード会社に送り、後のプロデューサーとなる長戸大幸に出会う。

 

1999年に17歳で全米デビューし、「Baby I LIKE」をMayK名義で

リリースする。

 

 

同年12月に日本での1stシングル「Love,Day After Tomorrow」を

リリースし、140万枚の大ヒットとなる。

 

 

2000年1stアルバム「delicious way」を発表し、最終的には

400万枚のセールスを記録。

 

2002年の11thシングル「Winter Bells」が大ヒット。

 

2003年にNHK紅白歌合戦に初出演し、その後も2005年まで

3年連続で出場する。

 

その後もコンスタントにヒットを飛ばすも、意外なことに201612月現在で

オリコン1位を獲得したのは、2ndシングルの「Stay by my side」と

11thシングル「Winter Bells」のみ。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉県 聖徳大学附属高校 音楽科 偏差値50(普通)

※卒業は立命館宇治高校(偏差値66

 

倉木麻衣さんの出身校は私立の女子校の聖徳大学附属高校

(現聖徳大学附属女子高校)です

 

船橋市立前原小学校船橋市立前原中学校を経ての入学です。

 

中学生の頃は美術部、合唱部、演劇部などに所属しており、

インドア派であることが窺えます。

 

高校生の頃にはデビューを前提としたレッスンに励んでいますが、 

当時の同校は芸能活動が一切禁止されていたので、

 

高校2年生の時にレコード会社からも近い立命館宇治高校

SELコース(スーパーイングリッシュコース:当時)に

転校・編入します。

 

倉木さんは中学時代にその後プロデューサーとなる長戸大幸さんと出会い、

高校生になったらアメリカでデビューすることを念頭に英語を猛勉強して

いたことから、英語に関してはかなり優秀な成績だったようです。

 

前記の通り17歳でデビューし、いきなり大ヒットを飛ばし、

高校3年生の頃には1stアルバムもリリースしますから

立命館宇治高校時代はかなりの多忙を極めたようです。

 

それでも仕事と学業を両立させて卒業できたのは立派ですね。

 

%e5%80%89%e6%9c%a8%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:立命館大学 産業社会学部 偏差値55(中の上)

 

倉木麻衣さんは高校を卒業すると、系列の立命館大学に進学します。

 

既にアーティストとして大成功を収めたにも関わらず大学に進学したのは、

歌手という職業が今後どうなるかわからなかったことと、サークルや

合コンなどが楽曲づくりに活きると考えたからです。

 

そのため多忙なスケジュールの中でも、けっこう大学生活は楽しんだようです。

 

ここでもちゃんと卒業していることから、このあたりにも彼女のまじめな

性格が窺えます。

 

高校生でデビューしながら、30歳を超えた今でも未だに人気の衰えない

彼女の今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ