葛西紀明の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

葛西紀明(かさい のりあき)

 

 

197266日生

身長177

 

北海道出身のスキージャンプ選手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で姉と妹がいる(妹は逝去)

 

高校時代から頭角を現して、1989-90年のシーズンからワールドカップに参戦。

 

19923月にチェコで開催されたW杯で金メダルを獲得して、当時の日本人最年少優勝(199か月)の記録を樹立。

 

1994年のリレハンメルオリンピックでは、団体戦で銀メダルを獲得。

 

(右から2人目)‚

 

1998年の長野オリンピックでは、ケガのため個人ノーマルヒルのみの出場に留まった(7位)

 

以降も2006年のトリノオリンピックと2010年のバンクーバーオリンピックにも出場。

 

20141月にW杯史上最年長優勝(41219日)

 

 

同年2月のソチオリンピックでは、個人ラージヒルで銀メダル、団体ラージヒルで銅メダルを獲得。

 

 

私生活では2014年に13歳年下の一般人女性と結婚した。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:北海道 東海大学第四高校 偏差値43程度(当時)

※現在は東海大学附属札幌高校

 

葛西紀明さんの出身校は、私立の共学校の東海大学第四高校です。

 

同校は部活動が盛んで、バスケットボール部やバレー部、硬式野球部などが強豪として知られています。

 

現在の同校の偏差値は4958ですが、当時は現在ほど高くありませんでした。

 

葛西さんは下川町立下川中学校時代から「天才少年」と呼ばれて、3年連続で北海道大会を制覇。

 

そのため特待生として同校に入学しています。

 

高校時代も1年生でワールドカップに初出場し、国際大会でも初優勝。

 

高校2年生からは本格的にW杯に参戦するほどの活躍を見せています。

 

なお出身小学校は下川町立下川小学校です。

 

【主な卒業生】

原田雅彦(スキージャンプ選手)

里谷多英(スキーモーグル選手)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

葛西紀明さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、実業団に進んで競技を続けています。

 

当初はスキージャンプの強豪の地崎工業に入社しましたが、経営不振で1998年にスキー部が廃止。

 

マイカルに移籍しましたが、そこでも2001年にスキー部が廃止され、その後は土屋ホームのスキー部に所属。

 

そんな中でも傑出した成績を残しており、現在では海外でも「レジェンド」と呼ばれるほどです。

 

既に40歳を超えていますが未だに第一線で活躍していますので、今後にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ