平野歩夢の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

 平野歩夢(ひらの あゆむ)

 

 

19981129日生

身長160

 

新潟県出身のスノーボード選手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人兄弟の次男。

 

4歳の時に3歳年上の兄の影響でスノーボードとスケートボードをはじめる。

 

小学校4年生でスノーボードのメーカーであるバートンと契約。

 

2011年と12年に全米オープンのジュニアクラスで連覇を達成。

 

2013年のXゲームでは史上最年少の14歳で銀メダルを獲得。

 

 

同年8月のワールドカップで初優勝。

 

20142月のソチオリンピックでは、日本人史上最年少の15歳での銀メダル獲得。

 

 

2015年のワールドスノーボードツアープロシリーズでは、ハーフパイプ部門のシーズン王者になる。

 

20181月のXゲームで、史上初の連続4回転を決めて金メダルを獲得。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:新潟県 開志国際高校 アスリートコース 偏差値43(容易)

 

平野歩夢さんの出身校は、私立の共学校の開志学園高校です。

 

同校は2014年に開設した新しい高校ながら、国際コース(偏差値58)、医学科進学コース(偏差値63)など比較的高い偏差値で知られています。

 

またスポーツコースであるアスリートコースを設置していることから、サッカー部やバスケットボール部が既に県内では強豪となっています。

 

平野さんは村上市立村上第一中学校3年生の時に、ソチオリンピックで銀メダルを獲得。

 

既に世界を転戦するレベルの選手だったことから、競技により専念できるよう、同校のアスリートコースに進学しています。

 

高校時代もプロシリーズで年間王者に輝くなど、素晴らしい成績を残しています。

 

なお出身小学校は村上市立村上南小学校です。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:日本大学 スポーツ科学部 偏差値50(普通)

 

平野歩夢さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

スポーツ科学部に在籍していますが、一般受験ではなくスノーボードでのスポーツ推薦での入学です。

 

大学入学後も進化を続け、20181月のXゲームでは史上初となる究極の大技「連続4回転」を成功させています。

 

まさに観客の度肝を抜く異次元の滑りで、100点満点中99点という高得点も記録。

 

平昌オリンピックでは金メダルの大本命となりますが、その滑りにも大いに期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ