田中裕子の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

田中裕子(たなか ゆうこ)

 

 

1955429日生

身長160

 

大阪府出身の女優

本名の読みは「ひろこ」

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

弟は俳優の田中隆三。

 

1978年に文学座に入団し、女優活動をスタート(1985年に退団)。

 

1979年にNHKの朝ドラ「マー姉ちゃん」でデビュー。

 

 

1981年の「日本フィルハーモニー物語」で映画初出演。

 

同年の映画「ええじゃないか」と「北斎漫画」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞と新人賞をW受賞。

 

 

1982年の「善人たちの夜」でテレビドラマ初主演。

 

1983年に主演したNHKの朝ドラ「おしん」でブレイク。

 

 

1986年に「泳いでる…」で歌手デビュー。

 

 

1987年の「二十四の瞳」で映画初主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「東京タワー」や「Mother」、「Woman」など。

 

「ホタル」や「あなたへ」、「共喰い」などの映画に出演している。

 

私生活では1989年に歌手の沢田研二と結婚した。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:札幌西高校 偏差値66(当時・難関)

 

田中裕子さんの出身校は、道立の共学校の札幌西高校です。

 

同校は古くからの進学校で現在の偏差値は71程度ありますが、田中さんが在学中はそこまで高くありませんでした。

 

田中さんは大阪府出身で、池田市立石橋小学校から池田市立石橋中学校に進学しています。

 

中学2年生の頃に札幌に移住して、札幌市立向陵中学校から同校に進学しています。

 

意外にも田中さんの高校時代の情報はほとんどなく、高校生活の詳細なども不明です。

 

【主な卒業生】

谷村志穂(作家)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:藤女子短期大学(中退) 偏差値58(当時)

※現在は廃止

 

出身大学:明治大学 文学部演劇学科 偏差値58(当時)

 

田中裕子さんは高校卒業後は、地元の藤女子短期大学に進学します。

 

その後の女子大離れによって藤女子短期大学は偏差値も大きく下降しましたが、田中さんの在籍時は北海道でも一番人気の短大でレベルも高かったです。

 

しかし女優を目指すことを決意して短大は中退して、明治大学の文学部に入学し直しています。

 

現在の明治大学文学部演劇学科は偏差値が60程度ですが、当時は若干低かったです。

 

明治大学在学中に文学座に入団して女優としてのキャリアをスタートさせると、いきなりNHKの朝ドラでヒロインの妹に起用されています。

 

その後はその卓越した演技力などもあって、アカデミー賞を受賞。

 

28歳の時に出演した「おしん」でブレイクし、アジア各国やイスラム圏でも有名女優となります。

 

以降もかなり多くのドラマや映画に出演し、日本を代表する演技派女優のひとりとなりました。

 

未だに高い人気を誇っているので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ