長渕剛の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

長渕剛(ながぶち つよし)

 

 

195697日生

 

鹿児島県出身のシンガーソングライター

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの弟で5歳年上の姉がいる。

 

1976年にヤマハのポプコンで入賞し、「雨の嵐山」でデビュー。

 

 

1978年に「巡恋歌」でポプコンに入賞して再デビューを果たす。

 

 

1979年に1stアルバム「風は南から」をリリース。

 

1980年に5thシングル「順子」がオリコン1位の大ヒットとなる。

 

 

1983年にドラマ「家族ゲーム」で主演して、ドラマもヒットしたことから続編でも主演した。

 

 

「ろくなもんじゃねえ」や「とんぼ」、「しゃぼん玉」などの楽曲が軒並み大ヒットして、80年代から90年代にかけての代表的なアーティストとなる。

 

 

俳優としても「英二」や「オルゴール」、「ウォータームーン」などの映画に主演している。

 

私生活では1981年に歌手の石野真子と結婚するも、1983年に離婚。

 

1987年に女優の志穂美悦子と再婚し、3人の子供がいる。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:鹿児島県 鹿児島南高校情報処理科 偏差値48(当時)

 

長渕剛さんの出身校は、県立の共学校の鹿児島南高校です。

 

同校は普通科のほか、商業科や情報処理科、体育科など多様な学科を設置していることで知られている公立校です。

 

現在の同校の情報処理科は進学率や就職率の向上により偏差値58程度ありますが、長渕さんが在籍した当時はそれほど高くはありませんでした。

 

鹿児島市立中郡(なかごおり)小学校から鹿児島市立甲南中学校を経て、同校に進学しています。

 

小中学校時代は成績も運動もさほど得意ではなく、本人も「さえないガキだった」と語っています。

 

ところが中学2年生からはじめたギターのお陰で、高校時代は活発になれたとのこと。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:九州産業大学 芸術学部写真学科(中退) 偏差値35(かなり容易)

 

長渕剛さんは高校卒業後は、福岡の私立大学の九州産業大学に進学します。

 

大学入学後は、場末のバーなどでの弾き語りをはじめて、本格的にプロデビューを目指します。

 

20歳の時にはじめてポプコンに入賞して、翌年にデビューしますが、1stシングルのセールスは散々でした。

 

それでも22歳の時に再びポプコンに入賞して、再デビューを飾ります。

 

24歳の時に「順子」が大ヒットして人気歌手の仲間入りを果たしますが、その後は大胆にも歌唱スタイルを変えています。

 

しかしそれが大いにウケて、ヒット曲を量産して時代を代表するようなアーティストへと上り詰めます。

 

現在でも絶大な人気を誇るだけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ