坂本花織の学歴と経歴|出身小学校中学校や高校の偏差値

 

坂本花織(さかもと かおり)

 

 

200049日生

身長158

 

兵庫県出身のフィギュアスケート選手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人姉妹の末っ子。

 

4歳でフィギュアスケートをはじめる。

 

2014-15年のシーズンに全日本ジュニアで2位となり、世界ジュニア選手権に出場(6位)

 

2016-17年のシーズンで世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得。

 

 

2017-18年のシーズンにシニアデビュー。

 

スケートアメリカの2位に続き、全日本選手権でも2位となって、平昌オリンピックの出場権を獲得。

 

 

20181月の四大陸選手権では、宮原知子らを抑えて初優勝を飾った。

 

‘ 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 神戸野田高校特進総合 偏差値47

 

坂本花織さんの出身校は私立の共学校の神戸野田高校です。

 

神戸市立なぎさ小学校から神戸市立渚中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学生の頃から全日本ジュニアで入賞するほどの成績を残したため、海外遠征などを行いやすいように、高校は特進コーススポーツ系列というアスリートに特化したコースに在籍しています。

 

中学校や高校ではスケート部に所属しておらず、神戸フィギュアスケートクラブに所属して練習しています。

 

高校時代の成長ぶりは著しく、高校1年生の時に世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得。

 

シニア入りした高校2年生では、あれよあれよのうちに平昌オリンピックの出場権をゲット。

 

その後の四大陸選手権でも、日本女子の絶対的なエースである宮原知子選手を撃破するなど、未だに進化し続けています。

 

オリンピックでもダークホース的な存在になりそうです。

 

また引退した浅田真央さんの高校時代を彷彿させるような演技も特徴ですから、今後は日本の女子フィギュア界をけん引していく存在にもなりそうです。

 

さらなる大きな飛躍に期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ