秦基博の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

秦基博

 

%e7%a7%a6

 

19801011日生

身長178

 

宮崎県生まれ、神奈川県育ちのシンガーソングライター

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

3人兄弟の末っ子として生まれる。

 

1999年から横浜や渋谷、下北沢などで弾き語りをはじめる。

 

2004年にインディーズからミニアルバムをリリースしてデビュー。

 

200611月に1stシングル「シンクロ」でメジャーデビュー。

 

20079月にリリースした1stアルバム「コントラスト」がオリコン5位になる

ヒットとなり、知名度を上げる。

 

200810月の6thシングル「フォーエバーソング」で、初のオリコンTOP10入りを

果たすと翌年3月には日本武道館で初の単独公演をおこなう。

 

その後も「Documentary」や「青の光景」などのアルバムもヒットを記録し、

人気アーティストとなる。

 

私生活では2009年に一般人の女性と結婚し娘がいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 法政二高 偏差値70(超難関)

 

秦基博さんの出身高校は私立の男子校(当時)の法政第二高校です。

 

かつては硬式野球部が甲子園で優勝するなどスポーツの強豪校として

知られていましたが、現在では神奈川県内でもトップクラスの進学校となっています。

 

また同校は中高一貫校ですが、秦さんは公立中学の横浜谷本中学から

進学していることから、かなりの学力を有したはずです。

 

中学時代はバスケットボール部に所属しながらも作曲をおこなっていましたが、

高校在学中は軽音楽部に所属して本格的に楽曲の制作を始めています。

 

ちなみに小学生の時はリトルリーグに所属しており、スポーツは得意のようです。

 

高校でもバスケットボール部に入部しようとしますが、怖そうな先輩がいたことから

緩そうな軽音楽部に入部しました。

 

【主な卒業生】

寺尾聰(俳優・中退)

田辺誠一(俳優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:法政大学 経営学部 経営学科 偏差値58(中の上)

 

秦基博さんは高校卒業後は、系列の法政大学に進学しました。

 

大学へ入学するとライブハウスで弾き語りをはじめ、本格的なミュージシャン

としてのキャリアをスタートします。

 

そのため大学時代はテストの前以外はほとんど学校に行かないという生活を

4年間も送りますが、留年などをすることなく卒業できていますので

やはり頭脳明晰なのでしょう。

 

その後の活躍は周知の通りで、今や人気アーティストとしての地位も築きました。

 

今後の活動も楽しみなアーティストのひとりですね。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ