山内惠介の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

山内惠介

 

%e5%b1%b1%e5%86%85%e6%83%a0%e4%bb%8b

 

1983531日生

身長178

 

福岡県出身の演歌歌手

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

3人兄弟の末っ子として生まれる。

 

高校1年生だった1999年に作曲家の水森英夫にスカウトされて、

月一度のレッスンを受けた。

 

20014月に「霧情」でデビュー。

 

2009年の「風連湖」がロングランヒットし、知名度を上げる。

 

2013年に「曽根崎心中」で舞台初出演。

 

2014年の「恋の手本」がオリコン9位となる大ヒット。

 

2015年に紅白歌合戦に初出場。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡県 筑前高校 偏差値60(やや難関)

 

山内惠介さんの出身校は福岡県の県立校の筑前高校です。

 

同校は校則が厳しいことで知られる共学校ですが、進学実績もあり

難関校に進む卒業生もいます。

 

山内さんは小学生に入る前から演歌を歌いはじめ、

中学生の頃にはかなりの腕前だったそうです。

 

そして高校1年生の時に初めて出場したカラオケ大会で、

氷川きよしさんらを育てた作曲家の水森英夫さんの目に留まりました。

 

これがきっかけで月に一度のレッスンを受けることになり、

高校3年生の時にはデビューを果たすことになりました。

 

まさに大きな転機となったカラオケ大会の出場でしたが、

実はおじさんが勝手に申し込んだもの。

 

運命とはわからないものですね。

 

ちなみに山内さんが初めて買ったCDは演歌ではなく、

中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」でした。

 

%e5%b1%b1%e5%86%85%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3

(高校時代)

 

【主な卒業生】

椎名林檎(歌手・中退)

天野浩成(俳優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

山内惠介さんは高校卒業後は進学せずに、歌手活動に専念します。

 

卒業した高校のレベルからしても大学に進学できるほどの学力は

有していたのでしょうが、高校3年生の時にプロの歌手としてデビュー

していますから、二足の草鞋は履けぬと判断したのでしょう。

 

しかしトントン拍子にデビューしたにも関わらず、なかなか売れずに

不遇の時代は続きました。

 

ようやく26歳になった年にリリースした「風連湖」がヒットして

日の目を見ることになりますが、スカウトされてから10年の月日が

流れていました。

 

今や「演歌の貴公子」として人気の高い山内さんですが、

これも地道に下積みしてきた成果でしょう。

 

末永く活躍してもらいたいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ