小林薫の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

小林薫(こばやし かおる)

 

 

195194日生

身長175

 

京都府出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟。

 

1971年に唐十郎が主宰する状況劇場に入団し、多くの舞台に出演(1980年に退団)

 

1977年の「はなれ瞽女おりん」で映画初出演。

 

1981年の「風の歌を聴け」で映画初主演。

 

 

1982年のNHK大河ドラマ「峠の群像」の演技で注目される。

 

 

1986年の映画「恋文」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。

 

以降は数多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「ナニワ金融道」や「カーネーション」、「天皇の料理番」など。

 

 

 

「東京タワー」や「深夜食堂」、「海賊と呼ばれた男」などの映画にも出演している。

 

 

私生活では1984年に女優の中村久美と結婚するが、1995年に離婚。

 

200912月にモデルの小梅と再婚し、2010年に長男が誕生した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:京都府 洛東高校 偏差値44(現在・容易)

 

小林薫さんの出身校は、府立の共学校の洛東高校です。

 

小林さんが通学していた頃は偏差値の概念などもない時代でしたが、当時の同校は商業科を設置するなど、さほどレベルは高くなかったようです。

 

高校時代の情報はほとんどありませんが、学生時代はあまり周囲になじめずに、友人も少なかったとのことです。

 

演劇をしていた兄の影響で学生時代に芝居に関心を持ち、俳優を志すことになります。

 

【主な卒業生】

近藤正臣(俳優)

中島知子(オセロ)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

小林薫さんは高校卒業後は大学などに進学せず、役者を目指しています。

 

20歳の時に状況劇場に入団すると才能が開花して、多くの舞台に出演します。

 

30歳の時に退団することになりますが、才能を感じていた主宰の唐十郎さんにはかなり引き留められています。

 

その後は映画やテレビドラマにも本格的に進出しますが、以降の活躍は周知の通りです。

 

卓越した演技力で数多くの作品に出演しており、主役や脇役を問わず、様々なキャラクターを演じ分けることができます。

 

まさに日本を代表する演技派俳優のひとりで、アカデミー賞などの演技賞も多数受賞しています。

 

未だに第一線で活躍しており、絶大な人気も誇っていますから、今後のさらなる活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ