篠原涼子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

篠原涼子

 

%e7%af%a0%e5%8e%9f%e6%b6%bc%e5%ad%90

 

1973813日生

身長162

 

群馬県出身の女優、歌手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人兄妹の末っ子で、2歳の時に母親が亡くなっており、

男手一つで育てられた。

 

1989年に雑誌のオーディションの広告を見て応募し、芸能事務所に所属。

 

1990年アイドルグループ東京パフォーマンスドールのメンバーとして

デビューし、日本武道館公演などを経験する。

 

 

1994年に小室哲哉プロデュースの「恋しさとせつなさと力強さと」を

リリースしてダブルミリオンの大ヒットとなり、紅白歌合戦に初出場。

 

 

同年9月にTPDを卒業し、本格的にソロ活動に入る。

 

女優としても「素顔のままで」や「若者のすべて」「きらきらひかる」

などの人気作に出演し、徐々に人気も上昇。

 

1998年の「ジューンブライド619日の花嫁」で映画初出演。

 

1999年の「恋の手裏剣」でドラマ初主演。

 

2001年に蜷川幸雄の「ハムレット」で舞台初出演。

 

2004年ごろから女優としてブレイクし、主演作が多くなる。

 

2006年の主演ドラマ「アンフェア」は当たり役になり、

続編にも主演。

 

 

その後も「ハケンの品格」や「ラストシンデレラ」、「オトナ女子」

などの連続ドラマに主演している。

 

歌手としては20018月にリリースした15枚目のシングル

somebody somewhere」以降は、自身の楽曲をリリースしていない。

 

過去に「笑っていいとも!」や「金曜日のスマたちへ」などの

バラエティ番組のレギュラーを務めたこともあるが、

最近はあまり出演していない。

 

私生活では2005年に25歳年上の市村正親と結婚し、

2人の男児を出産している。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:群馬県 桐生第一高校(中退) 偏差値37(かなり容易)

 

篠原涼子さんが入学したのは、群馬県の私立の共学校の桐生第一高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特に硬式野球部は甲子園で優勝経験もある強豪で、

多くのプロ野球選手を輩出しています。

 

またサッカー部も全国的な強豪です。

 

桐生市立広沢小学校から桐生市立広沢中学校を経て、

同校に進学しています。

 

篠原さんは高校1年生の時にオーディションに合格して

芸能事務所入りを果たすと、あっさりと高校を中退してしまいます。

 

%e7%af%a0%e5%8e%9f%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%99%82%e4%bb%a3

(高校時代)

 

子供の時から中森明菜に憧れて歌手になりたいという願望を

持っていましたが、それを実現するために思い切った決断をしました。

 

上京後も通信制の高校に編入することはなく、もちろん大学にも

進学していません。

 

1年もなかった高校時代ですが、その後は努力の甲斐もあって

歌手としても女優としても成功を収めました。

 

篠原さんはわずか2歳で母親を亡くし、実家が貧乏だったことから

イジメにも遭ったことを告白していますが、芸能界で見事に大輪の花を

咲かせましたね。

 

今後にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ